FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  Scan-Speak Revelator Kit Project
tags : 
Revelatorキットの実測データを使って、軸外特性を考慮しない設計の例を作ってみました。ウーファーの高域はスルー、ツィーターだけ1次のButterworthでローカットという、日本人が好きな”シンプルイズベスト”設計です。

NW_DI_Test_PairA_XO-schema-3

軸上特性(SPLグラフの黒線)は何とか取り繕っていますが、パワーレスポンス(Power&DIの青線)は2.5kHzaあたりから急落するような特性になっています。さらに言うとウーファーとツィーター位相関係(GD&Phaseの赤線と青線)はバラバラ、HPFの伝達関数(Filterの青線)を見るとツィーターのfs(440Hz)のところで減衰が-24dBほどしかなく、非線形歪みが心配になります。

これではScanspeak Revelatorがかわいそう。

世の中、こういった設計の2ウェイが少なくないので『クロスオーバーネットワークはひどく音質を劣化させる悪』といった風評被害が後を絶たないのではないかと思う次第。

NW_DI_Test_PairA_Six-pack_480


こちらがRevelatorキットのクロスオーバーネットワーク。

NW_3k_PairA_XO_480

軸上特性のフラットネスは言うまでも無く、軸外特性やパワーレスポンスもまずまずスムーズな減衰を示しています。位相特性はクロス点の3kHzで赤線と青線がぴったり重なっているのが分かるでしょうか?HPFの伝達関数はfsのところで-50dB以上減衰しており、ツィーターの非線形歪みが発生しないように配慮しています。

同じユニットでも使い方次第でこれだけ特性が違うのだから面白いというか何というか...

NW_3_0k_PairA_Six-pack_480


”シンプルイズベスト”のネットワーク設計と諸特性を整えたネットワーク設計、貴兄はどちらが好きですか?



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト




テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/899-bb020aa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)