FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  Scan-Speak Revelator Kit Project
tags : 
私が選んだのはこちら。軸外特性が一番スムーズに見える3kHzクロスを採用しました。

NW_3_0k


こちらがそのクロスオーバーネットワーク。今回は思うところがありLCRの定数は非公開です。DIY Loudspeaker Projectのgravesen氏もキットのネットワーク定数は非公開にしていますね。

LPFは2次、HPFは3次のフィルターでAcoustic Slopeは3kHzクロスのLR4(4th-order Linkwitz-Riley)です。意外にシンプルな回路ですが、軸上のフラットネスは±1.5dBぐらいに仕上がっています。以前は±3dBを目標にしていましたが、最近はそれでは満足できなくて...

NW_3k_PairA_XO_480

設計にはVituixCADを使っていますが、慣れると非常に使いやすい。特にスピーカー特性の全体観を把握しやすいのがVituixCADの特徴ですが、その話はまた後日。



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト




テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/897-aad255ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)