FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  Scan-Speak Revelator Kit Project
tags : 
エンクロージャーのプロトタイプが出来上がりました。製作はSさんにお願いしたので、あっという間です。材質はバッフルがタモの無垢材、その他はロシアンバーチです。内部には秘密の補強材が入れてあり、叩くとコツコツと硬い響きがします。非常に剛性の高いエンクロージャーに仕上がっているのでしょう。

エンクロージャー1

スピーカー設計の中でバッフルデザインは最も難しい工程だと思いますが、やっかいなことに3次元の任意形状のバッフルディフラクションを計算できるソフトウェアが見当たらないのです。(2次元であればEdgeが有名) そのため現状は勘に頼らざるを得ない面があるのですが、今回採用した形状はTrapezoidal chamferと私が勝手に呼んでいる(というか、そのままですが)もので、後退角がキモです。



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト




テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント


Ilidium17 様

このスピーカーボックス 綺麗なデザインです。色も、このままでも良い位です。これからが楽しみです。
2019/08/27 12:07  よたっぺ  URL  #tHX44QXM  編集

Re: タイトルなし
よたっぺさん、こんばんは。

体調はいかがでしょうか?
このエンクロージャーは完成見本として塗装まで行う予定ですが、どんな仕上げにするか思案中です。


> Ilidium17 様
>
> このスピーカーボックス 綺麗なデザインです。色も、このままでも良い位です。これからが楽しみです。
2019/08/27 23:27  Iridium17  URL  #-  編集


Iridium17 様

ScanspeakのウーファーとSEASEのウーファーの違いは、どんな感じでしょうか。
2019/09/06 21:53  よたっぺ  URL  #tHX44QXM  編集

Re: タイトルなし
よたっぺ様、こんばんは。

うちでは2階のメインシステムでScanspeak、1階でSEASを使っているので違いはよく分かります。低域の鳴り方はエンクロージャーの影響が大きいので一概に言えないのですが、中音域の鳴り方はかなり対照的です。

Scanspeakは華麗でぐいぐい前に出てくる鳴り方で存在感が強いです。一方、SEASは静かというか寡黙で存在を主張しません。どちらも周波数特性はフラットに仕上げてあるのに、これだけ鳴り方に違いがあるのは面白いところです。



> Iridium17 様
>
> ScanspeakのウーファーとSEASEのウーファーの違いは、どんな感じでしょうか。
2019/09/07 22:10  Iridium17  URL  #-  編集


Iridium17 様

と言うと、Scanspeakはウーファーも、ツィッターも前に出て来る感じで合っているのですね。広いオーディオルームが欲しい。
夜は、スピーカーを寝かしてベットにしないといけない我が屋は辛い。
2019/09/14 23:38  よたっぺ  URL  #tHX44QXM  編集

Re: タイトルなし
よたっぺ様、こんばんは。

Scanspeakを使った経験は2作例だけですが、そんな感じです。
トランペットとかサックスといった金管楽器の鳴りっぷりはSEASと比べてScanspeakのほうが一日の長があります。
このあたりの違いが磁性流体の有無によるものでしょうか。

ただ、うちのSEASは私にとって初めての2ウェイなので、クロスオーバーネットワークに改良の余地があるかも知れません。


> Iridium17 様
>
> と言うと、Scanspeakはウーファーも、ツィッターも前に出て来る感じで合っているのですね。広いオーディオルームが欲しい。
> 夜は、スピーカーを寝かしてベットにしないといけない我が屋は辛い。
2019/09/15 20:47  Iridium17  URL  #-  編集


Iridium17 様

ドライバーの違い、何となく分かりました。有難う御座います。
2019/09/17 11:59  よたっぺ  URL  #tHX44QXM  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/890-100b0847
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)