FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  オーディオ
tags : 
はい、これが世界初(かも知れない)Goddmans AXIOM 22mk2とAXIOM 300のT/Sパラメータの実測値です。

T/S Parameter of GOODMANS AXIOM 22mk2

TSP_AXIOM22mk2


T/S Parameter of GOODMANS AXIOM 300

TSP_AXIOM300


いずれも30cmダブルコーン型フルレンジということで外見上はよく似た両者ですが、特性を見るとまるで違うユニットであることが分かります。

AXIOM 22mk2はFsがやや高くVasも小さめなので比較的コンパクトなエンクロージャーで済む反面、あまり低域の伸びは期待できません。能率が高めなので三極管シングルアンプと相性が良さそうです。

一方、AXIOM 300のはFsが低くVasが大きめなので大容積のエンクロージャーが必要になるかわり、かなりの低域の伸びが期待できます。どちらかというとALTEC 416-8Aを想起させるような特性です。こちらはプッシュプルアンプで豪快に鳴らすイメージでしょうか。

さて、これからどんなシステムに仕上がるのでしょう?

最後に、貴重なヴィンテージユニットに触れる機会を与えて頂いたYさんに感謝致します。



(この章おわり)


関連記事
スポンサーサイト




コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/879-9600b9ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)