FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  Scan-Speak Illuminator Project
tags : 
ウーファーを弾性体を介してバッフルに固定するフローティングマウント(海外ではIsolating mountと呼ぶようです)は音質的なメリットありというのが定説のようですが、定量的にはどうなのよ?ということで、バッフルの振動測定を行ってみました。

18W8531G00のフランジにはかなり厚めのガスケットが貼られており、フレームの振動をバッフルに伝えない設計思想のようです。とはいえ、取り付けボルトを介してフレームの振動がバッフルに伝搬するので、この点に着目した実験を行いました。

ベースラインはこれ。ステンレスボルトとワッシャー。バッフルには鬼目ナットが仕込んであります。

SUS_bolt.jpg


比較対象はシリコンゴムワッシャーとチューブを使ったアイソレーションボルトです。ウーファーのフレームと接する部分はすべてシリコンゴムで覆われています。

Silicone_Bolt.jpg

Silicone.jpg


Vas測定箱を使ってウーファーにピンクノイズを入力し、リオンのVM-63A接触式振動計の加速度信号をARTAに入れてFFT解析しました。

Position_A


まずはバッフル面から。こちらはステンレスボルト+ワッシャー

SUS_Washer_A

SUS_Washer_A_CSD

こちらはシリコンワッシャー+チューブ

Silicone_Tube_A

Silicone_Tube_A_CSD


次は天板

Position_B

ステンレスボルト+ワッシャー

SUS_Washer_B

SUS_Washer_B_CSD

シリコンワッシャー+チューブ

Silicone_Tube_B

Silicone_Tube_B_CSD


最後はサイド

Position_C

ステンレスボルト+ワッシャー

SUS_Washer_C

SUS_Washer_C_CSD

シリコンワッシャー+チューブ

Silicone_Tube_C

Silicone_Tube_C_CSD


というわけで、簡単なシリコンワッシャー+チューブでもバッフルの振動低減に結構な効果があるようです。



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト




コメント


おはようございます
ご無沙汰しております。
海外ではスピーカーUNITを弾性材などでフローティングすることをアイソレーションマウントと呼ばれていたんですね参考になります。
自分の、磁石マウントが音質改善の目途がたたずアイソレーションマウントを実施したところやっと、納得できる音質にできましたありがとうございました。
また
A&Cさんのフローティングマウントとアイソレーションマウントの違いとしてアイソレーションマウントは、UNITにマスを持たずスピーカーUNITの反振動はなどは挟まれる弾性材が吸収または伝達に対しフローティングマウントは、スピーカーUNITに反振動をマスで殺しことで、さらに弾性が低い弾性材が使えるので、広範囲の周波数域でのフローティングか可能との違いがあるのかな勝手に解釈しましたがいかがでしょうか?
2018/12/09 10:08  ひでじ  URL  #-  編集

Re: タイトルなし
ひでじさん、こんばんは。
ブログはいつも楽しく拝見しております。最近、ミミちゃんの登場が少ないですが、お元気でしょうか?(笑)

以下は私の理解ですが、間違っているかも知れません。

アイソレーションマウントの狙いは、コーンが動くときの反力がフレームからバッフルに伝わり、バッフルから音が放射されるのを低減する事です。バッフルは均一に鳴くわけではなく、CSDデータに見られるように共振点がありますので、特定の音が強調されていわゆる箱鳴りが生じるのだと思います。

フレームとバッフルの間に弾性体を挟むと一種のローパスフィルターとして機能し、ゴムが柔らかいほどカッドオフ周波数が低くなって効果が大きくなります。その一方でフレームが揺れることでコーンの振動にも影響が出るので、これを軽減するためにデッドマスの質量でフレームの動きを抑えるということだと思います。

たぶんアイソレーションマウント+デッドマスが理想だと思うのですが...構造的に難しいですよね。



> おはようございます
> ご無沙汰しております。
> 海外ではスピーカーUNITを弾性材などでフローティングすることをアイソレーションマウントと呼ばれていたんですね参考になります。
> 自分の、磁石マウントが音質改善の目途がたたずアイソレーションマウントを実施したところやっと、納得できる音質にできましたありがとうございました。
> また
> A&Cさんのフローティングマウントとアイソレーションマウントの違いとしてアイソレーションマウントは、UNITにマスを持たずスピーカーUNITの反振動はなどは挟まれる弾性材が吸収または伝達に対しフローティングマウントは、スピーカーUNITに反振動をマスで殺しことで、さらに弾性が低い弾性材が使えるので、広範囲の周波数域でのフローティングか可能との違いがあるのかな勝手に解釈しましたがいかがでしょうか?
2018/12/09 21:53  Iridium17  URL  #-  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/843-619e1112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)