FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  マスターブック
tags : 
※ この記事は今年発刊予定の『自作スピーカー エンクロージャ設計法マスターブック』に掲載予定です

※ このスピーカー(ペア)はマスターブック出版後に希望者(先着1名様)にお譲りする計画です

ポートレスポンスに現れた500Hzのピークはエンクロージャの上下方向の定在波のようです。

90mm


そこで定在波の腹の部分に吸音材を追加してみました。ちょうど良い具合に日の字の形をした補強桟が入っているので、そこに乗せるだけです。

フェルト


はい、このとおり。500Hzのピークは完全に消滅しました。

90mm_Felt


この状態で試聴してみました。ポートを少し短くしたので低音の出方に着目して聴き始めたのですが...

意外なことにボーカルが滑らかになっているではありませんか!これには3人ともびっくりです。

このスピーカーはリアにポートを設けていますが、それでもポートレスポンスに現れる不整なピークが音を汚していたことがよく分かりました。

みなさん、ポートレスポンスはちゃんと測定して確認しておきましょう。



(つづく)




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント


 吸音材は音圧最大の周辺部より粒子速度最大の中央部分に置くほうがやはり効果的ですね。
 それにしても綺麗なポート出力です。
2018/01/14 08:59  ケン  URL  #VWFaYlLU  編集

Re: タイトルなし
ケンさん、こんばんは。

はい、これまで作った中で一番綺麗です。が、もう少しポートを短くしたら別のモードの定在波を拾ってしまって...


2018/01/14 21:44  Iridium17  URL  #-  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/793-b81f7c1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)