自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  マスターブック
tags : 
※ この記事は今年発刊予定の『自作スピーカー エンクロージャ設計法マスターブック』に掲載予定です

※ このスピーカー(ペア)はマスターブック出版後に希望者(先着1名様)にお譲りする計画です

年明けに熊谷編集長とだしさんを拙宅にお迎えして試聴会と各種調整・測定を行いました。はっきり言ってしまえば、インパルス応答測定のセッティングとかバスレフポートの切断といった力仕事を若いだしさんにやってもらおうという魂胆なのでした。

まずはNearfield測定をしながらバスレフポートの調整を行いました。ポートはJantzen AudioのP35-120、まずは切断前の123mmの特性です。赤がポートレスポンス、青がドライバーのレスポンス、緑が合成特性です。

123mm


合成特性はなにやら不思議な形になっています。それとポートレスポンスには500Hzにピークが出ていますね。さてこのピークの原因は何でしょう?

 ① エンクロージャー内の定在波

 ② ポートの気柱共鳴

正解は次の記事で...



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/791-32cef1ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)