自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  マスターブック
tags : 
Scan-speak2ウェイはリビングのテレビ+AVアンプに繋いで慣らし運転中です。

ここ数日、ずいぶん音が変わってきました。これまで新しく組んだスピーカーのエージング中に私が感じる音の変化はいつも鈍くてヌケの悪い音が徐々にヌケが良くなるという方向でしたが、今回も同じです。

kouhaku2


技術書典公式アカウントの発表によれば、来年の4月22日に秋葉原UDXアキバ・スクエアで技術書典4が開催されることが決定しました。マスターブック制作チームもこの日を発刊日に決めて制作を進めます。


さて、2017年も今日が最後ということで、まとめてみました。

※ 2017年のトップニュース
『スピーカー測定・Xover設計法マスターブック』を出版した

※ 2017年に測定したスピーカー達 
・ALTEC 414-16B
・ALTEC 416A
・ALTEC 3156
・SB Acoustics SB15NBAC30-8
・SEAS 27TDFC
・Richard Allan Golden 8
・Mark audio Alpair 10M Gen.3
・Scan-speak 15W8434G00
・Scan-speak R2604-832000

※ 2017年に完成したもの
・インパルス応答測定にも配慮したリスニングルーム兼測定室
・PCM1794A-OPA627A-PGA2320バランス出力USB-DAC

※ 2018年の目標
・ちゃんとしたパワーアンプを作る
・Perfumeのライブを見に行く


今年も当ブログを見ていただきありがとうございました。
来年もマスターブックをよろしくお願い致します。



(この章おわり)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/790-4472dbcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)