自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  マスターブック
tags : 
※ この記事は来年発刊予定の『自作スピーカー エンクロージャ設計法マスターブック』に掲載予定です

※ このスピーカー(ペア)はマスターブック出版後に希望者(先着1名様)にお譲りする計画です


最近、マスターブック執筆チームはだしさんの提案でSlackというデジタルワークスペースなるものを導入しました。おかげで、まあ議論の盛り上がること!ああ忙しい...

さて、こちらはエンクロージャに入れた15W8434の裸特性ですが、1kHzを中心としてバッフルステップによる緩やかなピークがあります。

15W8434_0_30_60deg


これをクロスオーバーネットワークでフラットに補正するのですが、やはり少し痕跡が残っています。案外こういったピークが聴感上気になる可能性もあるので、もう少しフラットになるように追い込んでみました。

LR4_3k_Normal


こちらがそのネットワーク。LPFのメインコイルは2.2mHに戻しました。

LR4_2_7k_NW_512


1kHzのピーが1dBほど低くなって、あまり目立たなくなりました。

LR4_2_7k_Normal_512

Reverse nullは問題なし。

LR4_2_7k_Reverse_512


軸外特性も悪くないです。

LR4_2_7k_Directivity_512


周波数特性のExcelで解析した結果がこちら。300~10kHzの範囲で+1.28/-1.66dBとなりました。まだもう少し追い込めるのですが、定数をE12系列で揃えようとするとこのあたりが限界でした。

Excel_analysis


これでネットワーク設計は完成ということで、パーツを発注しました。



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/786-f62f4183
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)