自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  マスターブック
tags : 
※ この記事は来年発刊予定の『自作スピーカー エンクロージャ設計法マスターブック』に掲載予定です。

T/Sパラメータ測定の後日談です。

ケンさん、今井さんのアドバイスもあって、Break-inから1週間放置した後のパラメータを測定してみました。

結果がこちら。やはし少し戻りますね。せっかく96時間もかけてBreak-inしたのに、ちょっと心が折れるデータです。とはいえ、これが現在のユニットの状態を反映した数値なのでしょう。幸いエンクロージャの容積を見直すほどではなく、ポートチューニングの範囲で何とかなりそうです。

TSP_1week_after

Trend_Vas_1week_after


ところで、データシートのT/Sパラメータを信用してWinISDを走らせると、エンクロージャ容積=2.6L、ポートチューニング周波数=73Hzという結果を出してきます。

2_6L_73Hz


この条件に実際のT/Sパラメータ(実測値)を当てはめると...

2_6L_73Hz_MeasuredTSP


低域は伸びていないのに150Hzのピークが耳に付くというチューニングですな。
これでは15W8434G00が可哀想...

手間はかかりますが、T/Sパラメータの実測はしたほうが良いようです。



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/765-55dba417
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)