FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
Speaker WorkshopではT/Sパラメータの測定にもMLS信号を使っていますが、SEASのデータシートには2Vのサイン波で測定したデータが掲載されています。そこで、MLSとサイン波で同じFsが得られるのかを検証してみました。

測定方法は、WaveGeneでサイン波を発生させ、周波数をマニュアルでスイープさせながらドライバと直列に入れた10Ωの抵抗の電圧降下を記録してゆきます。電圧降下が最小になるときの周波数がFsですが、より正確に求めるためにエクセル上でデータを2次関数で近似し、導関数がゼロとなるときのXを求めました。


manual sweep


結果がこれ。


TSparam2


結論はこうです。

 ① Fsの測定において、MLSとサイン波では異なった結果が得られる。
 ② サイン波で測定した場合の測定値には電圧依存性が見られる。
 ③ Speaker workshopのMLSで測定したFsは0.2Vのサイン波での測定値に近い


そして最も重要な結論は、

 ④ Fsをどう測定してみても、データシートの値にはならない


(つづく)
関連記事
スポンサーサイト




テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/75-42f2fdc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)