自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  マスターブック
tags : 
D'Appolitoの"TESTING LOUDSPEAKERS"のChapter 2の冒頭に"A LITTLE HISTORY"と題してエンクロージャ設計技術の歴史に触れた部分があります。これがなかなか興味深い内容なので、私もまねをしてマスターブック第二巻のT/Sパラメータに関する章は歴史を紐解くところから書き始めています。

そのためにはちゃんと論文を読まなければ、というわけでAESのE-LibraryでR. Smallの論文を入手しました。SmallさんといえばThiele/SmallパラメータのSmallさんですが、この四部作からなる論文は現代のバスレフ設計技術を完成に導いた記念碑的な論文です。まだ全部は読めていませんが、"Loudspeaker Design Cookbook"のVented Enclosureの章は基本的にこのSmallの論文に基づいて書かれているようです。

Small_paper


いまだにQo=1/√3=0.577がバスレフの理想条件だなんて言ってる解説記事を目にしますが、そういえばアライメントという概念について日本語で解説した本はないんですかね。



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/747-40e6ba69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)