FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  オーディオ
tags : 
Stereo誌8月号にスピーカーやエンクロージャの基礎について解説した記事が掲載されいました。手にとってみたのですが、Q0(キューゼロ)とかm0(エムゼロ)といった最近あまり聞かない単語が使われていて...

何なんですかね、これは。

もっともフォステクスは国内向けサイトではキューゼロとかエムゼロとか言っているので当然かも知れません。ちなみにフォステクスも海外向けサイトではT/Sパラメータを公開しています。

何なんですかね、これは。


さて、こんなアルミフレームを購入しました。長さが1mで、両端にM8のタップが切ってあります。

アルミフレーム


これを手持ちのTAOCのスピーカースタンドの支柱と交換すると、インパルス応答測定用スタンドに変身します。

測定スタンド1


スピーカーを乗せるとこんな感じ。この状態で床面からツィータ中心まで135cmあります。

測定スタンド2


あとは天井との距離が135cm以上確保できれば、マイク距離が1.5mでもGate windowが4ms以上確保できる計算になります。



(つづく)




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/739-ccf4562b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)