FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  オーディオ
tags : 
てつさんから、オーディオルームのリフォーム完成祝いが届きました。
私はてっきり辛子明太子を想定していたのですが...

部品?

部品?


届いたのは、なんとVISATON社製のウェーブガイドです。

waveguide1

waveguide2


実はこれ、ある理由で欲しくなってebayでポチる寸前だったのです。
てつさん、ありがとうございます!

ウェーブガイドというのはドームツィータの前に取りつける部品で、いわゆるホーンとは異なります。ウェーブガイドには色々メリットがあるのですが、そのひとつに軸外指向性の改善があり、下記にてつさんの解説があります。

http://naseba.exblog.jp/24272447/

海外ではスタジオモニターを中心に使われており、ひとつのトレンドになりつつあるようです。

http://www.mixwave.co.jp/dcms_plusdb/index.php/item?category=Professional+AUDIO&cell002=Amphion&cell003=One18&id=144

2ウェイの作例そのものが少ない日本ではウェーブガイドを使った作例にはお目にかかったことがありませんが、海外では以下の作例が有名です。

http://www.zaphaudio.com/Waveguidetmm.html

この作例は一見シンプルで実はものすごく奥の深い設計をしており、熟読の価値ありです。ただ、現在ではMCM製のウェーブガイドは入手出来なくなっており、市場で手に入るものとしてはこのVISATONのWG-148RとPartsExpress製ぐらいです。

WG-148Rのレビューはこちらにあるのですが、ドイツ語なので読めません。(VISATONはドイツの会社) そこでGoogle翻訳で英語に直してみると、excellent!何も言うことなし!ということのようです。ちなみにドイツ語からいきなり日本語に翻訳すると変な日本語になります。

http://heissmann-acoustics.de/test-wg148r-noferro-900/

ちなみに上のレビューではSEAS Noferro-900という聞き慣れないツィータが使われていますが、どうもSEAS Prestigeシリーズの前身のようです。Zaphさんの作例ではSEAS 27TDFCが使われています。


ウェーブガイドにはウーファーとのAcoustic centerを合わせやすいとか、ツィータの非線形歪みを減らせるといったメリットもあり、2ウェイスピーカーの可能性を広げるものだと思います。近いうちに手持ちのツィータをマウントして基礎データを取ってみたいと思います。



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント


無事に届いてよかったです〜。YRさんの個人輸入に便乗させてもらった品ですが、僕は結局つかえなかったので、使ってもらえれば嬉しいです。
YRさんをはじめ諸氏から教えていただき、waveguideの他のメリットも分かったような気がするので、またそのうち記事にまとめてみます...
2017/07/10 01:14  てつ  URL  #-  編集

Re: タイトルなし
てつさん、こんばんは。

これまで軸外特性にはあまり注目したことがなかったので、この機会に勉強してみようと思います。ウェーブガイドの優れた軸外特性を左右方向にだけ使うのはもったいない気がして、上下方向にも活用するようなデザインはないものかと...

ただ最近、公私ともに忙しくてなかなか次の本に手が付けられなくて、その上ウェーブガイドで遊んでいたら編集長に叱られそうなので、こっそりやります(笑)

てつさんの記事も期待しています。あのCOMSOLのデータは、まさかご自分で計算?



> 無事に届いてよかったです〜。YRさんの個人輸入に便乗させてもらった品ですが、僕は結局つかえなかったので、使ってもらえれば嬉しいです。
> YRさんをはじめ諸氏から教えていただき、waveguideの他のメリットも分かったような気がするので、またそのうち記事にまとめてみます...
2017/07/10 22:28  Iridium17  URL  #-  編集


Iridiumさんお久しぶりです。

以前ほぼ同サイズでWaveguide有り無しの2WAYを作成して比較したデータがあるので参考にどうぞ。
使用WaveguideはVisaton WG148Rです。

単純な平面のバッフル(上)とWaveguide使用(下)の水平指向特性です。
http://imgur.com/a/FdRpe
http://imgur.com/a/HQyUI


自分はSSのD2905/9700やD3004/6020を使用したので問題ありませんでしたが、フランジからドームが奥まっているようなツイーターだと合わせ部分で段が出来てしまい特性が大きく乱れるかもしれません。
また重量のあるユニットを使う場合は裏からも支えるなど支持方法を検討したほうが良いかもしれません。

Waveguide使用SP&スピーカー設計本第2弾楽しみにしています~
2017/07/11 01:29  YR  URL  #OJ8cLibY  編集


Iridium17さん

上下方向にも活用だと、waveguide+Twを挟んでMTM構造などでしょうか。
あのデータは、"Hornresp"というフリーソフトでシミュレーションしてみました。なんとなく、それっぽい画像までは作れましたが、使いこなせてるには程遠い現状です...
2017/07/11 20:10  てつ  URL  #-  編集

Re: タイトルなし
てつさん、こんばんは。

> 上下方向にも活用だと、waveguide+Twを挟んでMTM構造などでしょうか。

私の構想はこんな感じです。
https://www.avantgarde-acoustic.de/en/products/duo-series/duo-xd.html

> あのデータは、"Hornresp"というフリーソフトでシミュレーションしてみました。なんとなく、それっぽい画像までは作れましたが、使いこなせてるには程遠い現状です...

Hornrespって初めて知りましたが、けっこう有名なソフトみたいですね。
ちょっと触ってみましたが、なかなか難しそう...

ウェーブガイドとバッフルの相互関係と言いますが、バッフルの大きさや形状の影響をどのぐらい受けるのか気になっているのですが、そういった計算はされたことあります?

2017/07/13 21:36  Iridium17  URL  #-  編集


waveguide装着時にバッフルステップの変化については、自分のなかではなかなか結論に達することができていません。
実験しようにもかなりコストが....

またまた人の褌ですが、先日YRさんに教えていただいたページに面白いデータがありました。
http://heissmann-acoustics.de/kantendiffraktion-sekundaerschallquellen-treiberanordnun/

ウーファーと同サイズ程度のwaveguideがいいのか、ウーファーより小型がいいのか、バッフルデザインをどうするかは悩ましいところです。Genelec社はwaveguideからバッフル・エンクロージャー全体が一つながりとなるような曲線でデザインされており、あのような形が理想なのかなぁ、と漠然と感じてはいます。
2017/07/13 23:43  てつ  URL  #-  編集

Re: タイトルなし
heissmann-acoustics、かなり気合いが入っていますね。SEASのDXTも存在は知っていましたが、まるで注目していませんでした。拙作ブログで紹介させてもらおうと思います。


> waveguide装着時にバッフルステップの変化については、自分のなかではなかなか結論に達することができていません。
> 実験しようにもかなりコストが....
>
> またまた人の褌ですが、先日YRさんに教えていただいたページに面白いデータがありました。
> http://heissmann-acoustics.de/kantendiffraktion-sekundaerschallquellen-treiberanordnun/
>
> ウーファーと同サイズ程度のwaveguideがいいのか、ウーファーより小型がいいのか、バッフルデザインをどうするかは悩ましいところです。Genelec社はwaveguideからバッフル・エンクロージャー全体が一つながりとなるような曲線でデザインされており、あのような形が理想なのかなぁ、と漠然と感じてはいます。
2017/07/15 22:27  Iridium17  URL  #-  編集

Re: タイトルなし
YRさん、こんばんは。

> 以前ほぼ同サイズでWaveguide有り無しの2WAYを作成して比較したデータがあるので参考にどうぞ。
> 使用WaveguideはVisaton WG148Rです。
>
> 単純な平面のバッフル(上)とWaveguide使用(下)の水平指向特性です。
> http://imgur.com/a/FdRpe
> http://imgur.com/a/HQyUI

ARTAでこんな測定が出来るんですね。これってターンテーブルが必要?

先日、てつさん経由で教えてもらったHeissmann Acousticsのデータによればウェーブガイドといえどもバッフル端の処理の影響を受けているように見えますね。

このあたり、ウェーブガイドも頂いたことだし夏休みの自由研究にしようかと思うのですが...

> 自分はSSのD2905/9700やD3004/6020を使用したので問題ありませんでしたが、フランジからドームが奥まっているようなツイーターだと合わせ部分で段が出来てしまい特性が大きく乱れるかもしれません。

そうですね。手持ちのT25CF001はダメっぽいです。

> Waveguide使用SP&スピーカー設計本第2弾楽しみにしています~


ダメですよ。編集長に叱られる...(笑)

2017/07/15 22:55  Iridium17  URL  #-  編集


>ARTAでこんな測定が出来るんですね。これってターンテーブルが必要?

自分はAmazonで回転テーブルを買いました。
最悪無くても出来るかと思います。

>先日、てつさん経由で教えてもらったHeissmann Acousticsのデータによればウェーブガイドといえどもバッフル端の処理の影響を受けているように見えますね。

バッフルは出来るだけ角と平面を避けたいですが、やはり加工の問題が一番大きいですね…
自分も色々試してみたいものの、加工が出来ないので中々難航です。
2017/07/17 16:27  YR  URL  #-  編集

Re: タイトルなし
YRさん、こんばんは。

> 自分はAmazonで回転テーブルを買いました。

ひとつ教えてください。これってテレビを乗せたりするやつですか?

https://www.amazon.com/LapWorks-12-Heavy-Duty-Swivel/dp/B003IWFS0Y/ref=pd_sim_147_5?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=N669P1NFB61F0FY6PXMM


SEAS DXT tweeterが気になるこの頃です。


2017/07/18 22:09  Iridium17  URL  #-  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/727-fb0d2383
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)