FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  DAC Project
tags : 
信号源抵抗のR1をさらに減らして100Ωにしてみました。負荷抵抗のR2は10kΩのままです。

一番上のグラフの横軸はDACのデジタル入力レベルです。1kHzも50Hzもなんとか0dBまで持ちこたえています。

真ん中のグラフは横軸を出力電圧でプロットしたもの、一番下のグラフは同じグラフの横軸をリニアでプロットしたものです。0dBでの出力電圧は0.55Vになりました。出力電圧レベルはなんとか許容範囲ですかね。

100_10k_3



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト




コメント

ホーン型ツィーター
Iridium17 様

質問が御座います。
私は、SEASに満足していますが、次にスピーカーを作るとしたら、Fostexの
フルレンジFF225WK+ホーン型ツィーターT925Aを検討します。
ホーン型ツィーターは、最近のスピーカーでは少ないですが、何故なのでしょうか。思い当たるとしたらクロスオーバーが高いので、3wayにする必要がありコストが高くなるからでしょうか。それとも、音質面でドームツィーターの方が音質が良いのでしょうか。
2016/06/22 21:37  yotappe  URL  #tHX44QXM  編集

Re: ホーン型ツィーター
yotappeさま、こんばんは。

ホーン型ツィータですが、おっしゃるようにカットオフが高くクロスオーバーを低く出来ないので3ウェイにするかフルレンジの上に乗せるスーパーツィータ的な使い方しか出来ないと思います。

もしSEASとは違う鳴り方をお求めでしたらScanspeakはいかがですか?
磁性流体を使わないタイプのツィータであればSEASとはかなり違う世界観が期待できると思います。



2016/06/23 22:51  Iridium17  URL  #-  編集

ホーン型ツィーター
Iridium17 様

説明 有難う御座います。フルレンジで、2-3KHzは苦しい様な気もします。Scanspeak その時は検討させて頂きます。SEASと真空管アンプは、合うのでしょうか。疑問は着きません。
電源回路 楽しく拝見さして頂いています。
2016/06/24 19:47  yotappe  URL  #tHX44QXM  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/631-6c1d7a18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)