FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
オフセット+1cmでreverse nullが得られるように素子定数を調整したときの正相接続の特性です。これはこれで申し分ない特性ですが、クロスオーバー付近でわずかな落ち込みが見られ、いちばん最初の定数のほうがフラットです。


W15CY001_T25CF001_final_off1cm


こんなフラットな特性のスピーカーができれば素晴らしいのですが、ここまでのデータはSEASのデータシートをSPL Tracerで読み込んだデータを使ってシミュレーションした結果で、実測データではありません。とはいえ、W15CY001とT25CF001をうまく繋げるためのクロスオーバーネットワークについて貴重な知見が得られました。最大の課題はマグネシウムコーンを使ったW15CY001の強烈な高域のピークをいかに抑え込むかですが、私が得た結論は、

・メインのインダクタ+ノッチフィルターだけではW15CY001の高域のピークを充分に減衰させられない
・ノッチフィルターは素子定数を変えたときの周波数特性の変化が大きく、トリッキーである
・結局のところ、ローパス側は高次フィルターを使うのが無難である

といったところです。

さて、シミュレーションはこのへんで一旦終わりにして、エンクロージャの製作に取りかかります。


(つづく)





関連記事
スポンサーサイト




テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/63-43af147a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)