FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  アナログ回路
tags : 
色々遊んだ試行錯誤した結果のつづきです。

OPA134よりも高速なLME49710を使ってシミュレーションしてみました。このオペアンプは高性能な反面、過渡応答が細かく振動したりSpiceが収束しない(=発振?)など、なかなか手強いやつです。20mΩでダンプしたOS-CONを3個パラにしてようやく落ち着いてくれました。

LME49710_sch2


LME47910のオープンループゲインは140dBとOPA134よりも20dB高いため、過渡的な電圧変化はOPA134よりもさらに1桁小さくなっています。

LME49710_wav


まあ、ここまでやる必要があるのかどうか疑問ですが、自作なら究極を狙ってみるのも一興でしょう。


さて、次は基準電圧を作る回路を検討します。



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト




コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/616-ad10ce43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)