FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
PARC2ウェイのツィータの端子間電圧の周波数特性に見られた『ウーファーの逆起電力らしきもの』の正体が判明しました。とてもがっかりする結果ですが、何かの参考のためにアップしておきます。

『ウーファーの逆起電力らしきもの』というのはツィータの端子間電圧に表れる50Hz付近の山のことです。ウーファーをダミーロードに換えると消失するので、ウーファーの影響であることに間違いないのですが...

PARC_A_Single_WF


まずこちら。HPFの負荷としてTWの代わりにダミーロードをつないで電圧特性を測定しました。

NW_out_Dummy


見事に綺麗な減衰特性が得られています。ウーファーはつないだままなのに、なんで?

PARC_A_NW_out_dummy


まさか?!と思って、ツィータからネットワークを切り離して端子間電圧を測定してみました。

TW_Only


緑がその電圧特性。ツィータはネットワークと切り離されているにも関わらず例の『ウーファーの逆起電力らしきもの』が見えています。つまりこれはウーファーから出た音をツィータがマイクロフォンとして拾った電圧が現れているのです。

PARC_A_TW_only


こちらがもう片方のユニット。なんでこんなに機差が大きいのかは不明ですが、同じ現象です。

PARC_B_TW_only


HPFの負荷にダミーロードをつないだときの電圧特性をウーファーの有無で比較したのがこちら。黄色がウーファーあり、緑がなしです。ウーファーありのほうが100~200Hzのレベルが少し高くなっていますが、レンジを拡大してやっと見える程度のごくわずかな差しかありません。

PARC_A_NW_out_dummy_NoWF



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト




テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント


すごい結果ですね!
50Hzというのが気になっていて、電源ではないかと思いましたが、関西は60Hzですね。もうひとつは、定在波。 測定位置が部屋の中で異なるということはないですか?
いずれにしても、ユニットがマイクとして作用するということのようですので、アクティブスピーカーであってもユニット間の相互作用が起こっているということになるのでしょうか?
2015/07/18 07:09  daredevils36  URL  #-  編集

Re: タイトルなし
daredevils36さん、こんばんは。

こういうのをすごい結果と言えるんでしょうかね(笑)

昨日のデータは自分の部屋、それ以前のデータはリビングで測定したものですが、全く同じ結果ですので定在波の影響ではないと思います。ツィータがウーファーの音を拾っていると書きましたが、50Hzのピークはおそらくバスレフポートの出力を拾っているのだと思いますね。

ユニット間の相互干渉がどのぐらい音質に影響するのかは分かりませんが、少なくもとうちのPARCのようにフロントバッフルにバスレフポートを設けるのは避けた方がよいように思います。さらに言えばPLUTOや鑑賞会のTakeさんのスピーカーのようにウーファーとツィータが同一バッフル上にないのが理想なのかも知れません。

> すごい結果ですね!
> 50Hzというのが気になっていて、電源ではないかと思いましたが、関西は60Hzですね。もうひとつは、定在波。 測定位置が部屋の中で異なるということはないですか?
> いずれにしても、ユニットがマイクとして作用するということのようですので、アクティブスピーカーであってもユニット間の相互作用が起こっているということになるのでしょうか?
2015/07/18 22:16  Iridium17  URL  #-  編集

PLUTO
Iridium17 様
PLUTOとは、どの様なバッフルなのでしょうか。TweeterとWooferを横から見て、段ちのバッフルに取り付けたものを言うのでしょうか。
それとも、それぞれ別のボックスに収納した構造の物を言うのでしょうか。
2015/07/19 13:17  神戸の弥太っぺ  URL  #tHX44QXM  編集

Re: PLUTO
神戸の弥太っぺ様、こんにちは。

PLUTOはこれです。作者はLinwitz-Rileyクロスオーバーで有名なSiegfried Linkwitzさんです。

http://www.linkwitzlab.com/Pluto/intro.htm

日本ではPARC鑑賞会でお会いしたdaredevils36さんが製作されています。

http://community.phileweb.com/mypage/4107/

それとtakeさんのスピーカーがこれです。

http://ac-audio.org/event/parcsound5/2015_repo_takeuchi.pdf

これらに共通するのはウーファーとツィータのバッフル面積を最小限にしていることで、音がスピーカー後方にも回り込み、予想外の音場を形成します。実はB&W(特にNautilus)も同じ思想で作られているのではないかと思います。

私はtakeさんのやつしか聞いたことがありませんが、まさに驚愕の音でした。


> Iridium17 様
> PLUTOとは、どの様なバッフルなのでしょうか。TweeterとWooferを横から見て、段ちのバッフルに取り付けたものを言うのでしょうか。
> それとも、それぞれ別のボックスに収納した構造の物を言うのでしょうか。
2015/07/19 15:30  Iridium17  URL  #-  編集


神戸の弥太っぺさん、Iridium17さん
こんにちは。

上記にいリンクをいただきましたのは、PLUTOとは別で、LXminiというスピーカーです。(ウーハー部分が同じでとてもよく似ています)
下記リンクを見ていただくほうが良いでしょう。

Linkwitz PLUTO ほか
http://community.phileweb.com/mypage/myroom/4107/
2015/07/19 18:08  daredevils36  URL  #-  編集

PLUTO
Iridium17様、daredevils36様

ご紹介有難う御座います。なるほど、どちらもネットで拝見した事が御座います。最も気になるスピーカーです。一度聞いてみたいです。

皆様オーディオに、相当どっぷり浸かって綺麗部屋にお住まいですね。本当に凄いです。私は、オーディオ以外に3つの趣味があり、どれも中途半端でその上汚い部屋で恥ずかしいです。
2015/07/20 03:49  神戸の弥太っぺ  URL  #tHX44QXM  編集


神戸の弥太っぺさん

うちは皆さんに聴いて頂けるよう開いておりますので、ご希望でしたらご連絡ください。大阪出身で、関西塩ビ管オフ会(奈良開催)でもLinkwitz PLUTOを鳴らしたことがありました。今は横浜です。
2015/07/20 07:50  daredevils36  URL  #-  編集


daredevils36 様
横浜も良い所でしょうね。 
PLUTOの音質は、想像できます。おそらく、空間を音が駆け巡っている様に聴こえるのではないかと思っています。
ところで、もひとつ気に成りますLinkwitz ORION Ver3.3此方の音質は如何でしょうか。下部のウーファー各々は、電気的に反転して接続されているのでしょうか。
ORIONの外観は、あまり好きではないですが良い音がしそうですね。
毎日、両方聴けるのは羨ましいです。
2015/07/20 17:11  神戸の弥太っぺ  URL  #tHX44QXM  編集


Iridium17さん、トピックから話がずれますが、以下ご了承ください。


神戸の弥太っぺさん

Linkwitz PLUTOはおっしゃるとおり、空間再現性の高いスピーカーです。僕自身このスピーカーに一番可能性を感じており、よりハイエンドなバージョンを欲しているところです。

Linkwitz ORIONですが、ウーハーは片方のユニットを電気的に逆相接続しています。2個使用にすることで音圧を稼ぐ(より低い周波数まで再生させる)のと、機械的な方向が逆向きによる奇数次高調波歪みを軽減することが目的のようです。

もしFacebookにご登録されていましたら、下記URLに音質に関して詳しくレポートしております。
https://www.facebook.com/daredevils36kk/notes
2015/07/20 18:49  daredevils36  URL  #-  編集

Re: タイトルなし
> Iridium17さん、トピックから話がずれますが、以下ご了承ください。
>
>
> 神戸の弥太っぺさん
>
> Linkwitz PLUTOはおっしゃるとおり、空間再現性の高いスピーカーです。僕自身このスピーカーに一番可能性を感じており、よりハイエンドなバージョンを欲しているところです。
>
> Linkwitz ORIONですが、ウーハーは片方のユニットを電気的に逆相接続しています。2個使用にすることで音圧を稼ぐ(より低い周波数まで再生させる)のと、機械的な方向が逆向きによる奇数次高調波歪みを軽減することが目的のようです。
>
> もしFacebookにご登録されていましたら、下記URLに音質に関して詳しくレポートしております。
> https://www.facebook.com/daredevils36kk/notes
2015/07/20 23:05  Iridium17  URL  #-  編集

Re: タイトルなし
私、いま台湾出張中でアップできませんので、どうぞ盛り上がってください(笑)

> Iridium17さん、トピックから話がずれますが、以下ご了承ください。
>
>
> 神戸の弥太っぺさん
>
> Linkwitz PLUTOはおっしゃるとおり、空間再現性の高いスピーカーです。僕自身このスピーカーに一番可能性を感じており、よりハイエンドなバージョンを欲しているところです。
>
> Linkwitz ORIONですが、ウーハーは片方のユニットを電気的に逆相接続しています。2個使用にすることで音圧を稼ぐ(より低い周波数まで再生させる)のと、機械的な方向が逆向きによる奇数次高調波歪みを軽減することが目的のようです。
>
> もしFacebookにご登録されていましたら、下記URLに音質に関して詳しくレポートしております。
> https://www.facebook.com/daredevils36kk/notes
2015/07/20 23:10  Iridium17  URL  #-  編集


daredevils36 様

Linkwitz PLUTOは、通常のスピーカーでも近い感覚で聞く事が出来るのではと思っています。左右のスピーカーの真中に座って聴く音質に近いのではと想像しています。
Linkwitz ORIONの設計思想は、SEASのウーファーを、低域は後ろへ回り込む事で消し去り中域に使っているのだと思います。素晴らしい設計のスピーカーだと思います。音質も抜群に良いと思います。
当方今時居ないと思いますが、携帯を持っていませんのでfacebookは、登録出来ません。残念です。
いつか、(ブルーライト)横浜に行く事がありましたら宜しくお願い致します。私の部屋と比べたら、雲泥の差です。毎日気持ちが良いでしょうね。
daredevils36 様 また、此方のブログでお会い出来ればと思います。

Iridium17様
台湾ですか、11月頃ならかばん持ちで付き添いしたいです。又、写真期待しています。
2015/07/21 00:33  神戸の弥太っぺ  URL  #tHX44QXM  編集


Iridium17さん
ご無沙汰しております...
拙宅はオーディオインターフェースが故障で、作業がすべてストップしていいます...
ところで、ツィーターA/Bの違いですが、ツィーターユニットのバックチャンバーの具合はどうでしょう?しっかり密閉されておらず、そこからエンクロージャー内部のポート共振を拾ってる可能性はないでしょうか??
2015/07/21 22:12  てつ  URL  #-  編集


神戸の弥太っぺ さん

PLUTOはおっしゃるとおりですね。音場のヌケが少なく包まれる感じですね。ORIONは“フルレンジダイポール特性”で、実はかなり広い周波数帯域で前後の音が回りこんでいます。実はこれこそが目指す特性で、Linkwitz LabやオーストラリアのKYRON AUDIOなどの先進型オープンバッフルSPがやろうとしていることです。従来の平面バッフルとは設計思想が真逆です。新しいタイプのオープンバッフルは“キャンセリングが起こっている周波数のみを使いたい”ので、バッフルは極力狭くする傾向にあります。SEASのウーファーはミッドとのクロスが93Hzと低く、下は20Hzまで再生します。僕は現在HPを閉じてFBだけになっていて、出せる情報もありませんが、こちらにいらっしゃることがあれば是非聴きに来てください。


てつ さん

そのご指摘はかなりドキッとする内容ですね。
2015/07/21 23:32  daredevils36  URL  #-  編集

Re: タイトルなし
台湾から帰ってきました。
私の留守中、みなさんで盛り上げてくれてありがとうございます(笑)


神戸の弥太っぺさん

完成したスピーカーのこと、また聞かせてください。とても興味があります。たしかオールマグネシウムですよね?


daredevils36さん

東京・神奈川にはよく行きます(といってもたいがいは日帰り出張ですが)ので、タイミングが合えばぜひ聴かせてください。
それと関西ご出身とのこと、関西で自作スピーカーのオフ会でご存じないですか?塩ビも以前は開催されていたようですが。


てつさん

ご指摘のTWのバックチャンバーのリークは私も気になっているのですが、エプトシーラーが強く粘着していてボルトを外してもツィータを取り外せなくなっています。でももう一度トライしなければいけませんね。

オーディインターフェースが故障ですか。この際、Babyface Proに行っちゃってはいかがでしょう(笑)
PARC鑑賞会の重鎮たちはみなさんRME派のようで、いつか私も仲間入りしたいと思っております。


2015/07/25 12:48  Iridium17  URL  #-  編集


Iridium17さん

お時間が合えばいいですね。試聴歓迎いたします。
Facebookはされていませんか? 私は下記のとおりです。
https://www.facebook.com/daredevils36kk

関西では、塩ビ管のオフ会に過去2回参加したことがあります。Linkwitz PLUTOはれっきとした塩ビ管SPですからね。毎年9月頃に開催されていましたが、今回はどうなっているでしょうかね。むしろ最近は塩ビ管以外のSPも多くて、参加資格など難しくはないと思います。mixiにグループがあります。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4927199
2015/07/26 18:42  daredevils36  URL  #-  編集


daredevils36 様 

ご招待有難う御座います。機会があれば行きたいです。有難う御座います。
質問ですが、ソースは何から取られているのでしょうか。CDプレーヤーですか、それともPCでしょうか。もしPCであれば、お勧めのDDCがあれば教えて頂けますでしょうか。

Iridium17様
計画に1年半、製作に6ヶ月 やっと殆ど完成です。後は、サランネットをどの様にして綺麗に取り付けるかです。

SEASのドライバー 正解です。凄い良いです。マグネシュウムのツィーターも良いです。歌声も良いですが、楽器の音が素晴らしいです。確か生演奏をハイレゾで録音し、WAVファイルに変換したソースを聴いたのですが、これはもう凄いです。通常のCDの音が100%濃縮果汁だとすると、熟した果実をその場で搾ったジュースです。鮮度が比べ物になりません。

ハイエンドオーディオショーで試聴した中で最高のシステムは、最も安価なオルトフォンのシステムでした。私が試聴した今までで最高のシステムは、其のシステムでした。しかし、其れを超えている様に思います。

ちょんまげスピーカーを作らずに、SEASで製作したのが良かったです。来年は、X-overを調整しようと思っているのですが、高価では有るが比較出来る様にもう1セット作るべきか思案しています。
まだまだやらなければいけない事があるので、たいへんです。

ちょっと疲れました。暫く休みます。



2015/07/26 21:54  神戸の弥太っぺ  URL  #tHX44QXM  編集


神戸の弥太っぺ さん

僕の現行のシステムは、ソースはNASに保存しているデータ(WMA)をPCで再生(Windows Media Player)しています。マザーボードのS/PDIFの光出力を、デジタルチャンネルデバイダー(ベリンガーDCX2496)で受けまして、内蔵されているDACでアナログ信号を出力しています。そういう意味では、僕はDACやDDCなどの機器を使ったことが無い為、お勧め出来る立場にありません。僕自身はシステム中、特にスピーカーに重きを置いているので、DACやアンプをあまり気にしていません。ベリンガーDCX2496のDACや電源が悪いと言う人も多いです。WMAフォーマット(可逆圧縮)をWindows Media Playerで再生や、光ケーブルを何mも引っぱる等、普通のマニアの方からは笑われる内容かもしれません。
2015/07/26 22:17  daredevils36  URL  #-  編集


Iridium17様
ブログ上でdaredevils36様と連絡を致しまして申し訳御座いません。

daredevils36 様

システムの説明有難う御座います。最新のオーディオシステムですね。マザーボードのサウンドカードから出力出来れば、それが正解です。
少し前に解った事ですが、2013年迄ですと、PCのサウンドチップの良い物は、オーディオ用CDプレーヤー(50万円クラスと比較)より10年は音質で進んでいると思っています。最近DACチップESS 8chダブル使用あたりが出て来てやっと追いついたと言う感じがしています。

今のシステム導入において、色々悩まれた事でしょうね。素晴らしいです。有難う御座いました。
2015/07/27 13:30  神戸の弥太っぺ  URL  #tHX44QXM  編集


daredevils36 様

>WMAフォーマット(可逆圧縮)をWindows Media Playerで再生や、光ケーブルを何mも引っぱる等、普通のマニアの方からは笑われる内容かもしれません。

同じ録音で比較した事は無いのですが、WAVもWMA,MP3も殆ど違いが解りません。問題は、良い録音が出来ているかどうかでしょう。私は、貧乏人の為、主にMP3のファイルを聞いています。
2015/07/27 13:46  神戸の弥太っぺ  URL  #tHX44QXM  編集


神戸の弥太っぺさん

実はDCX2496等はすでに古くなってきているように感じています。今はminiDSPの方が良いかもしれません。アクティブ方式(マルチアンプ)はメリットが多く、自作派には良いと思います。(Iridium17さんもアクティブ方式チャレンジされませんか?)
DCX2496+AVアンプの組み合わせはとてもコストパフォーマンスが高いですね。
2015/07/27 22:27  daredevils36  URL  #-  編集

Re: タイトルなし
神戸の弥太っぺさん

最近猛烈に仕事が忙しく、帰宅してから実験はおろかブログ更新もままならない有様です。
その間、みなさんで盛り上がっていただいて有り難い限りです。


daredevils36さん

PARC鑑賞会の重鎮たちもアクティブ派が多いのですが、私はやっぱり少数派のパッシブネットワークで行くような気がします。

実は少し先の話になりますが、これで”アガリの1台”となるような少し高級なプリメインアンプ(普通の2chのやつ)を買おうかと思案中です。ってことは、この先もパッシブで行くってことになるんですけどね。この先、どんなスピーカービルダーとして生きていくか(大袈裟!)考え中です。


> 神戸の弥太っぺさん
>
> 実はDCX2496等はすでに古くなってきているように感じています。今はminiDSPの方が良いかもしれません。アクティブ方式(マルチアンプ)はメリットが多く、自作派には良いと思います。(Iridium17さんもアクティブ方式チャレンジされませんか?)
> DCX2496+AVアンプの組み合わせはとてもコストパフォーマンスが高いですね。


2015/07/27 23:07  Iridium17  URL  #-  編集


Iridium17さん

高級プリメインいいですね!


さて、僕のほうは、DCX2496のアウトプット電圧をARTAで測定をしようとしています。従来からやっているのですが、位相特性(ディレイ時間?)を含めて測定をしなおそうとしています。海外のフォーラムで相談したところ、FR2モードで測定しなさいと言われました。
書かれたマニュアルを参照させていただいておりますが、まずFR1モードで測定したのですが、振幅特性は出ますが位相が得られません。
詳細を後日ご相談させてください。
2015/07/31 07:19  daredevils36  URL  #-  編集

Re: タイトルなし
daredevils36さん、こんばんは。

FR1モードではSetupのMeasurementのIn dual-channe mode showのところのチェックボックスがグレーアウトになります。FR1モードではレイテンシーの影響で位相は正確に測れないのでしょうね。FR2モードにしてPhaseにチェックを入れればOKだと思います。

> Iridium17さん
>
> 高級プリメインいいですね!
>
>
> さて、僕のほうは、DCX2496のアウトプット電圧をARTAで測定をしようとしています。従来からやっているのですが、位相特性(ディレイ時間?)を含めて測定をしなおそうとしています。海外のフォーラムで相談したところ、FR2モードで測定しなさいと言われました。
> 書かれたマニュアルを参照させていただいておりますが、まずFR1モードで測定したのですが、振幅特性は出ますが位相が得られません。
> 詳細を後日ご相談させてください。
2015/07/31 21:57  Iridium17  URL  #-  編集


Iridium17 さん

こんばんは。
なるほどですね。
たしかにチェックボックスが押せません。
DCX2496の出力を測るのに、IMPモード(single-chnnel-mode)でやっていたのですが、このときはDCX2496の出力(ラインアウト)のL or Rのいずれか片方をサウンドカードに入れるだけで振幅特性は取れていました。問題はDual-chnnel-mode時の接続なのですが、たとえばLeft-chnnel-outを2つに分岐して、サウンドカードのLRにそれぞれ接続する。のようなやり方で良いでしょうか?
変換コネクター類がないので、週末に手配して実験してみようと思います。
2015/07/31 23:23  daredevils36  URL  #-  編集

Re: タイトルなし
daredevils36さん

DCX2496がどういうものか知らないので(笑)
アナログ/デジタル入力のチャンネルディバイダなのですか?
L/R間の位相差を測定するのですか?

> Iridium17 さん
>
> こんばんは。
> なるほどですね。
> たしかにチェックボックスが押せません。
> DCX2496の出力を測るのに、IMPモード(single-chnnel-mode)でやっていたのですが、このときはDCX2496の出力(ラインアウト)のL or Rのいずれか片方をサウンドカードに入れるだけで振幅特性は取れていました。問題はDual-chnnel-mode時の接続なのですが、たとえばLeft-chnnel-outを2つに分岐して、サウンドカードのLRにそれぞれ接続する。のようなやり方で良いでしょうか?
> 変換コネクター類がないので、週末に手配して実験してみようと思います。
2015/07/31 23:48  Iridium17  URL  #-  編集


Iridium17 さん

こんにちは。

DCX2496ですが、S/PDIFデジタル入力端子を持ったデジタルチャンネルデバイダーです。クロスオーバーやイコライザーをデジタル処理した後、内臓DACによってアナログ出力(ピンorキャノン)されます。

やりたいことは、DCX2496のピュアディレイの設定を位相特性から読み取ることです。ツイーターチャンネルとウーハーチャンネルの出力特性を単独で測定して、位相情報を含めた電圧カーブ特性を調べたいのです。

この辺が僕の知識の限界ラインでよく理解できていないのですが、得られた結果をminimum-phase表示せずに、ディレイ有りと無しの状態で位相特性の違いを確認するのが今回の目標です。目論見どおりディレイがかかっていれば、位相のカーブもターゲットとしているカーブと同じになるはず…
ORION-UserGroupでARTA測定のグラフをもらっているので、それに合えばOKです。IMP-modeだとマーカーの位置で位相特性は見かけ上変わってしまうようですね。それがダメのようです。
2015/08/01 08:43  daredevils36  URL  #-  編集

Re: タイトルなし
daredevils36さん、こんにちは。

DCX2496の入力はS/PDIFなんですね?だとすると、入力を基準とした位相特性を得るのは難しいというか原理的に無理ではないかと思います。

ツイーターチャンネルとウーハーチャンネルの相対的な位相関係を求めるのであれば、IMPモードでツイーターチャンネルとウーハーチャンネルのインパルス応答を個別に測定し、カーソル(Gateの開始位置)を合わせて解析するというのはどうでしょう?その際、Gate時間はうんと長め(100msぐらい)になるようにマーカー位置を決めます。

私がネットワークシミュレーションのためにドライバの生データを測定する際は、マイクをツィータの軸上1mに固定したままウーファーとツィータのインパルス応答を個別に測定し、カーソル、マーカー位置を同じにして解析しています。こうすることでウーファーとツィータの取り付け高さの違いやAcoustic centerのずれなどを全部ひっくるめた相対的な位相関係が得られます。

あるいはやや変則的ですがツイーターチャンネルとウーハーチャンネルをそれぞれサウンドカードのL/Rに入れてFR2モードで測定してはどうでしょう?Prefered input channelで選んだほうのチャンネルを基準とした位相特性が得られるのでは?ただし振幅特性もLPFとHPFの特性を掛け合わせた(dBで言えば足し合わせた)特性になると思いますが。




> Iridium17 さん
>
> こんにちは。
>
> DCX2496ですが、S/PDIFデジタル入力端子を持ったデジタルチャンネルデバイダーです。クロスオーバーやイコライザーをデジタル処理した後、内臓DACによってアナログ出力(ピンorキャノン)されます。
>
> やりたいことは、DCX2496のピュアディレイの設定を位相特性から読み取ることです。ツイーターチャンネルとウーハーチャンネルの出力特性を単独で測定して、位相情報を含めた電圧カーブ特性を調べたいのです。
>
> この辺が僕の知識の限界ラインでよく理解できていないのですが、得られた結果をminimum-phase表示せずに、ディレイ有りと無しの状態で位相特性の違いを確認するのが今回の目標です。目論見どおりディレイがかかっていれば、位相のカーブもターゲットとしているカーブと同じになるはず…
> ORION-UserGroupでARTA測定のグラフをもらっているので、それに合えばOKです。IMP-modeだとマーカーの位置で位相特性は見かけ上変わってしまうようですね。それがダメのようです。
2015/08/01 13:52  Iridium17  URL  #-  編集


Iridium17 さん

IMPモードでカーソル位置を合わせると良いのですね。
分かりました。

昨日マニュアルを読みながら検討していまして、接続方法も分かりました。DCX2496の1つのチャンネルをスルーの設定(X-over,WQ無し)にして、リファレンスとする。
測定したいツイーターもしくはウーハーのチャンネルとリファレンスとをそれぞれ、サウンドカードのL・Rに入力したらFR2-modeでうまく測定出来ました。別途接続ケーブルを準備する必要はなかったんですね。DCX2496の設定変更だけで済みました。

入力を基準とした位相関係を得るのは無理と言うのは、デジタルのレイテンシーが入るからでしょうか? どうも僕は位相の部分きちんと理解が出来ていません。難しいですね。

今回の結果では、ツイーターのピュアディレイ20mmの有無で、位相特性のカーブの傾向が全く異なるもののように見受けられます。どう読めばよいのやら…
2015/08/02 09:22  daredevils36  URL  #-  編集

Re: タイトルなし
daredevils36さん、こんばんは。

> 入力を基準とした位相関係を得るのは無理と言うのは、デジタルのレイテンシーが入るからでしょうか? どうも僕は位相の部分きちんと理解が出来ていません。難しいですね。

デジタルオーディオには詳しくないのですが、そもそもS/PDIFってL/Rの情報を1本の信号線で時分割で伝送しているんですよね。その時点で入力を基準とした...という話は成り立たないのではないかと。

> 今回の結果では、ツイーターのピュアディレイ20mmの有無で、位相特性のカーブの傾向が全く異なるもののように見受けられます。どう読めばよいのやら…

20mmというのは仮想的にツィータを後退させたイメージですかね?
仮にクロスを2kHzとすると波長λ=170mmですから20mmは約0.118λに相当し、42度位相が回っている計算になりませんか?
2015/08/02 23:02  Iridium17  URL  #-  編集


Iridium17さん

はっきりした事は言えませんが、デジタルでつないでいる以上、サウンドボードの出口が、PCからDCX2496に変わっただけと考えることも出来るのではないでしょうか。L・Rはきちんと分かれて出力されるので特性事体は測定できているようにも思えます。があまり自信はありません。

また、ディレイですが、ユニットを物理的に後退させる事と同じだと言えます。
おっしゃるとおり、数10度位相が回っているようにグラフは読み取れました。
2015/08/03 23:00  daredevils36  URL  #-  編集

DCX2496
daredevils36 様
お忙しい所すいません。
DCX2496について教えて頂けますでしょうか。
1.この製品で、PCのWebストリーミングのデーターをPCMCIAメモリカードに保存出来るのでしょうか。
2.PCとの接続は、RS-232 9ピンだけなのでしょうか。
3.左右各3チャンネル分割出来るのでしょうか。
4.出力は、XLR 6個だけなのでしょうか。
5.通常のオーディオインターフェイスの様にALTAで使用出来るのでしょうか。

感想
アメリカのオーディオマニアに、多いように思います。このシステムを、良く見つけられましたですね。どこかで試聴されたのでしょうか。
2015/08/05 22:58  神戸の弥太っぺ  URL  #tHX44QXM  編集


神戸の弥太っぺ さん

ご質問の件は下記のとおりです。

1.PCMCIAですが、DCX2496の設定ファイルを保存する為に使うようです。再生用途ではありません。僕は使ったことがありません。

2.RS-232シリアルポートしかありません。注意しないといけないのは、現行品のDCX2496LEはシリアルポートがないことです。PCリモートが出来なくなりました。旧型のDCX2496(無印)を使う必要があります。

3.最大6chに分割できます。通常LRをそれぞれ分割するので、3ch+3chとなり、3Wayが可能です。2.1ch(サブウーハー)も可能です。

4.出力端子はXLR(キャノン端子)6個のみです。アナログ出力しかありません。XLR部分は3番ピンを結線せずにピンケーブルと変換・接続することが可能です。

5.数年前なので記憶がさだかでないのですが、Single-Ch-modeではスピーカーのf特の測定は出来ていたと思います。Dual-Ch-modeは試していませんが、今回DCX2496の出力電圧特性を計測するのにDual-Ch-modeも可能なように見えたので、スピーカーの測定は出来ると思います。


海外自作ユーザーは使っている人が多いです。最初にこれを見たのはSTREO誌で、もう今から7、8年前ですが、記事の中でDCX2496+AVアンプでマルチアンプ化をしている記事でした。すぐにこれだ! と思い、自作2Way(密閉箱+Linkwitz Transform)をマルチアンプ化させました。そのセットがスピーカーこそ変わりましたが今も続いています。(試聴せずに即購入でした)
また、この業務用機器の使い方を誤って、Web上には悪評が多いですね。デジタル出力をつける改造をしている方はほとんどその方向だと思われます。
2015/08/06 19:18  daredevils36  URL  #-  編集

DCX2496
daredevils36 様
DCX2496の仕様説明有難う御座います。
と言う事は、この製品を使ってX-over周波数を設定し、ARTAとマイクで計測して各ドライバーのX-over位相が合っているか確認して運用する事になるのですね。
オーディオは、色んな角度からアプローチをすると、良い音に巡りあえそうですね。

最後に一つだけ、また質問です。
この製品でどの様な使い方の間違いがあるのでしょうか。簡単に概要説明出来るのであれば、お願い致します。複雑であれば、結構です。
2015/08/06 22:14  神戸の弥太っぺ  URL  #tHX44QXM  編集

Re: タイトルなし
daredevils36さん、神戸の弥太っぺさん、こんばんは。

PARC鑑賞会の重鎮達にもDCX2496ユーザーが多いですね。

最近ふと考えるのですが、たとえば50万円の予算(妄想ですから豪華にいきましょう)でシステム(スピーカーは別)を組む場合、

・デジタルチャンデバ+AVアンプ1台または2chパワーアンプ×2台
・USB-DAC+2chプリメイン(+パッシブネットワーク)

だったら、どちらが高みを目指せるんでしょうね?


> 海外自作ユーザーは使っている人が多いです。最初にこれを見たのはSTREO誌で、もう今から7、8年前ですが、記事の中でDCX2496+AVアンプでマルチアンプ化をしている記事でした。すぐにこれだ! と思い、自作2Way(密閉箱+Linkwitz Transform)をマルチアンプ化させました。そのセットがスピーカーこそ変わりましたが今も続いています。(試聴せずに即購入でした)
> また、この業務用機器の使い方を誤って、Web上には悪評が多いですね。デジタル出力をつける改造をしている方はほとんどその方向だと思われます。
2015/08/06 23:07  Iridium17  URL  #-  編集


神戸の弥太っぺ さん

各種クロスオーバーやディレイの設定が簡単にできるので、測定が出来る人はかなり完成度の高いネットワークを組むことが出来ると思います。

誤った使い方とは、DCX2496に直接パワーアンプをつないでいるケースです。マルチアンプ化ということでやりがちなのです。この間違いをしているユーザーは、そのままですと大音量となってしまうのでDCX2496の内部(デジタル側)で信号を絞るか、あるいは入力時点で絞る等をしていて、S/N比が大きく悪化しノイズが多くなります。こういう方に限って高能率のホーンSPを使っていたり(笑)
デジタル機器は全てそうですが、入力側では絞らずにフルビットで使い、出力されたアナログ信号を絞る(この場合は4連とか6連のマスターボリュームを使う)のが正しいです。ただ多段ボリュームが入手困難なのでこういった状況が起きやすいのでしょう。旧型AVアンプはそれら問題を解消しつつ、安価にセットアップできます。
2015/08/06 23:32  daredevils36  URL  #-  編集


Iridium17 さん
こんばんは。

PARC鑑賞会の方々にDCX2496ユーザー多いのですね。

パッシブVSアクティブですが、
僕はアクティブ構成のほうが高みに到達できると考えています。
上記ですと、スピーカーを除くコンポーネントだけで考えると優劣がつけづらいように思いますが、“アクティブ方式にしか出来ないスピーカー設計” があるので、それらのアプローチがうまく働いている場合はメーカー製を超えることが出来ると信じています。
アクティブ方式にしか出来ないスピーカー設計とは、密閉型+LTだったり、オープンバッフル型スピーカーなどです。

他のみなさまはどうお考えになるでしょうか。
2015/08/06 23:45  daredevils36  URL  #-  編集


daredevils36 様
>各種クロスオーバーやディレイの設定が簡単にできる
凄い便利ですね。

>デジタル機器は全てそうですが、入力側では絞らずにフルビットで使い、、、
なる程、そう言えばデジタル機器の解説書に載っていました。

有難う御座います。勉強になりました。
2015/08/07 12:47  神戸の弥太っぺ  URL  #tHX44QXM  編集

USB-DAC+2chプリメイン
Iridium17 様
私は、USB-DACしか分りません。それも少しだけです。
1.PCの設定
ご存知だとは思いますが、まずパソコンの設定をサウンド優先にして、USB-DAC以外は動かないぐらいの設定をする必要が有ります。ノートパソコンの場合、マザーボードのサウンドチップには、全データーがサウンドチップに行きますが、USBには色々な起動しているサービスでデーターが零れるようです。ですから、サービスもUSB関連しか動かないようにします。
2.DDC
最近出て来た優れた、DDCのチップが、USB-DACに内蔵されているか。
3.DAC
最近の優れたDACチップが、内蔵されているかに成ります。最近のアキュフェーズに採用されているESSのチップは良いようです。ESSを使用したDACでは、チップ8chを片側のチャンネルに使うと音質が飛躍的に良くなるようです。

と言うのが、ネットで色々調べた事です。


2015/08/07 21:10  神戸の弥太っぺ  URL  #tHX44QXM  編集


はじめまして。
過去の記事ですがこの記事いいなぁと思ったのでコメントさせてください。

ツィーターが低音を拾ってしまっているというのを見て、そういえばmhi Evidenceはスリットが入ってたなぁというのを思い出しました。
ウーファーの影響を軽減するためとかが理由だったと思いますが、もしかしたらこれが理由なのかな、と。
自分もMiniDSP製品を使っていますが、スピーカーの調整こそするものの、箱の自作に関しては論文こそ漁っていますがほとんど素人みたいなものなので、非常に勉強になります。

この記事とは関係ないのですが、ホームページの方も分かりやすくていいですね!
海外のサイトを漁っていると非常に補正技術や音響設計のレベルが高いのに、日本のオーディオって凄くレベルが低いなぁとずっと思っていたので。
既に技術的にブレイクスルーされているモノをもっと積極的に取り入れて普及させようという姿勢に凄く共感します。
2015/09/10 13:45  hege  URL  #enQ5scNo  編集

Re: タイトルなし
hegeさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

MHI Evidenceというスピーカーは初めて知りましたが、なかなかマニアックな作りでおもしろいですね。エンクロージャのスリットにどのぐらい効果があるのか分かりませんが、たとえばB&Wの800シリーズのようにウーファーとツィータが同一平面上にないレイアウトにはそれなりに意味があるような気がしています。

ところで、もしブログとかHPをお持ちでしたら是非教えてください。

今後ともよろしくお願いします。



> はじめまして。
> 過去の記事ですがこの記事いいなぁと思ったのでコメントさせてください。
>
> ツィーターが低音を拾ってしまっているというのを見て、そういえばmhi Evidenceはスリットが入ってたなぁというのを思い出しました。
> ウーファーの影響を軽減するためとかが理由だったと思いますが、もしかしたらこれが理由なのかな、と。
> 自分もMiniDSP製品を使っていますが、スピーカーの調整こそするものの、箱の自作に関しては論文こそ漁っていますがほとんど素人みたいなものなので、非常に勉強になります。
>
> この記事とは関係ないのですが、ホームページの方も分かりやすくていいですね!
> 海外のサイトを漁っていると非常に補正技術や音響設計のレベルが高いのに、日本のオーディオって凄くレベルが低いなぁとずっと思っていたので。
> 既に技術的にブレイクスルーされているモノをもっと積極的に取り入れて普及させようという姿勢に凄く共感します。
2015/09/11 23:29  Iridium17  URL  #-  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/529-dce537e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)