FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  PARC Audio Project
tags : 
製作レポートをアップしていただきました。


5th_parcsoundfest_logo_200_20150404221518b9f.jpg



また私だけ浮いているような ...



(つづく)






関連記事
スポンサーサイト




テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント

試聴会参加します
phileweb.comを見ていましたら、たまたま「第5回PARCサウンド鑑賞会」が開かれることを知り、是非音を聴かせていただきたいと思っています。

午前中に少し別の用事があるので、間に合えば良いのですが…

2015/05/18 21:23  daredevils36  URL  #T1TMr5b.  編集

Re: 試聴会参加します
daredevils36さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
またPARC鑑賞会にお越しになるとのこと、お会いできるのを楽しみにしております。

ところで、もしかして Daredevil 2.0さんですか?
(間違っていたらごめんなさい)

> phileweb.comを見ていましたら、たまたま「第5回PARCサウンド鑑賞会」が開かれることを知り、是非音を聴かせていただきたいと思っています。
>
> 午前中に少し別の用事があるので、間に合えば良いのですが…
2015/05/18 23:13  Iridium17  URL  #-  編集


私は「オヤさん」ではありません。
名前が似てしまっていますが…彼ともお会いしたことがありますが、ここ数年出てこられないですね。
Iridium17さんは、測定や理論を大事にされているので、とても共感するところがあります。僕はLinkwitz LABのスピーカー自作で、今SEASばっかりです。
2015/05/18 23:27  daredevils36  URL  #-  編集

Re: タイトルなし
> 私は「オヤさん」ではありません。
> 名前が似てしまっていますが…彼ともお会いしたことがありますが、ここ数年出てこられないですね。

そうですか。これは失礼しました。

> Iridium17さんは、測定や理論を大事にされているので、とても共感するところがあります。僕はLinkwitz LABのスピーカー自作で、今SEASばっかりです。

ありがとうございます。
PLUTOとはマニアックですねえ(笑)どんな鳴り方なんでしょう?

お会いできるのを楽しみにしております。

2015/05/18 23:53  Iridium17  URL  #-  編集


昨日はどうもありがとうございました。

出品者の中ではIridium17さんのスピーカーが最も高音質に感じました。しっかり練られたクロスオーバーネットワークと、エンクロージャーの設計によるものなのでしょうね。

僕はここ数年測定を全くしなくなっていますが、とても刺激を受けました。

来週末はPLUTOからコンバージョンしたLXminiを「集まれ塩ビ管スピーカー・関東オフ会2015」で発表します。機会があれば、うちにも試聴に来てくださいね。
2015/05/24 21:44  daredevils36  URL  #T1TMr5b.  編集

Re: タイトルなし
daredevils36さん

昨日はあまりゆっくり話が出来なくて失礼しました。

> 昨日はどうもありがとうございました。
>
> 出品者の中ではIridium17さんのスピーカーが最も高音質に感じました。しっかり練られたクロスオーバーネットワークと、エンクロージャーの設計によるものなのでしょうね。

ありがとうございます。ただ、SEASは測定上でフラットに追い込んだ時が聴感上もベストだったのですが、PARCのツィータはストレートな鳴り方をするせいか少し高域をロールオフさせた方が良いみたいです。このあたりベテランの方々の作品を聴くと自分の経験不足を感じますね。

> 僕はここ数年測定を全くしなくなっていますが、とても刺激を受けました。
>
> 来週末はPLUTOからコンバージョンしたLXminiを「集まれ塩ビ管スピーカー・関東オフ会2015」で発表します。機会があれば、うちにも試聴に来てくださいね。

昨日のTakeさんのスピーカーはTWのバッフル面積を最少にして、かつ宙に浮いたようなマウントの仕方になっていますが、あれがポイントだそうです。そういえばB&WもPLUTOも見た目の印象は異なりますがよく見れば同じ構造ですね。

なぜPLUTOを選んだのか、どんな鳴り方をするのか、とても興味があります。
ぜひ教えてください。

2015/05/24 22:36  Iridium17  URL  #-  編集


高域は僕自身もロールオフ傾向のSPが聴きやすく感じています。僕のリファレンスSPのORIONは、緩やかに高域を3dB程落とすフィルターが搭載されています。これは“頭部伝達関数” を考慮した結果だそうなのですが、現在Linkwitz氏は考えを改めたようで、f特フラットで設計を行っています。これに合わせてフィルターも撤廃しました。この差は結局録音によるところが大きいように感じるので、好みかもしれません。

「バッフル面積を小さくする」この傾向はどんどん強くなってきているように思います。僕は「場」の再現性を高めるためだと理解しています。PLUTOはその方向性での設計としては極限に位置しているスピーカーだと思います。リスニングポイントは狭いですが、錯覚を起こすような音場が出現する事があります。点音源と広い指向性が特徴です。指向性が広がると壁の影響を受けやすくなるので、部屋の環境の影響は受けやすく、デッドな部屋でないと良い音では鳴りません。TakeさんのSPも指向性が広いのではないかと予測します。試聴時にはSPからの距離があったので、反射音が多く、音場感があるように錯覚しますが、これは本来の音ではなく、SPとの距離を詰めて直接音だけを聴くようにすると、本来の良さが出たと思います。
2015/05/24 22:59  daredevils36  URL  #T1TMr5b.  編集

Re: タイトルなし
daredevils36さん、こんばんは。

> 高域は僕自身もロールオフ傾向のSPが聴きやすく感じています。僕のリファレンスSPのORIONは、緩やかに高域を3dB程落とすフィルターが搭載されています。これは“頭部伝達関数” を考慮した結果だそうなのですが、

なるほど。そう言われると納得してしまいますね。

現在Linkwitz氏は考えを改めたようで、f特フラットで設計を行っています。これに合わせてフィルターも撤廃しました。この差は結局録音によるところが大きいように感じるので、好みかもしれません。

なるほど。

> 「バッフル面積を小さくする」この傾向はどんどん強くなってきているように思います。僕は「場」の再現性を高めるためだと理解しています。PLUTOはその方向性での設計としては極限に位置しているスピーカーだと思います。リスニングポイントは狭いですが、錯覚を起こすような音場が出現する事があります。

なるほど。通常のバッフル式スピーカーでは出ない音場があるんでしょうね。Takeさんのやつもそんな印象でした。

さて、私の方はPARCで経験したことを使ってもういちどSEASのNWに手を入れようかと計画中です。


2015/05/25 22:40  Iridium17  URL  #-  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/502-c50213ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)