FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  YAHA Project
tags : 
Wavespectraを使ってTHD+Nを測定してみました。測定条件は以下のとおり。

・ オーディオインターフェース:Firewire410
・ サンプリング周波数:96kHz/24bit
・ サンプルサイズ:16k
・ 測定周波数は『FFTに最適化』
・ 負荷抵抗:20Ω

96kHzサンプリングで5次歪みまで捉えられるように、高域側は10kHzではなく8kHzで測定しています。

これが現時点でのTHD+N特性です。初段の差動回路+2次歪み打ち消し+NFBの効果で1kHzと8kHzは非常に低歪みになっています。最小値は0.01%ぐらい(機嫌の良い時は0.009%までいきます)ですが、たった24Vで動作している真空管アンプとしては驚異的な低歪みではないでしょうか。(自画自賛)

一方、100Hzの歪みが少し多くなっているのは、今のところ原因不明です。

THD+N_3.jpg


本機の実用最大出力は5mW(20Ω負荷)ぐらいですが、愛用のShure SE215 SPE-Aは107dB SPL/mWと高感度なので、これで十分です。

ただ、現状ではちょっと動作が不安定なところがあり、聴感上も高音が賑やか過ぎる気もするので、ひょっとすると発振気味なのかもしれません。位相補正を検討したいところですが、手元にオシロがないので、どうしたものか。



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト




テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/474-03884cb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)