FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  PARC Audio Project
tags : 
こちらはHPFにZobelを加えて高域のレベルを少し抑えたたバージョン。

正相高域補正あり.jpg


Reverse nullは少し浅くなりますが、左右対称形状は維持されています。Loudspeaker Recipeによれば左右対称なReverse nullはWFからTWへのスムーズな受け渡しを意味するそうで、深くでもいびつな形状のReverse nullは好ましくないとされています。

逆相高域補正あり.jpg


こちらがインピーダンス特性。バスレフの出来が悪いのは置いておいて、ネットワークが関係する領域では1.8kHz付近で高くなっていますが、どうなんですかね。最低値のほうは8Ω程度あるのでパワーアンプが過負荷になる心配はなさそうです。

インピーダンス特性.jpg



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト




テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント


 豪華版のネットワークになりましね。
 2,800Hzのピークが、音を決定ける様な気がします。
2014/11/05 11:11  grigri(seki)  URL  #L8AeYI2M  編集

Re: タイトルなし
sekiさん、こんばんは。

またもやてんこ盛りのネットワークに相成りました。

ただ、今回のバージョンはLPFの1.5mHといった虎の子の主要部品を温存する設計になっているので、お財布には優しいです。

それとエンクロージャをチルトさせるとTWの周波数特性に細かい凹凸が増えるようです。バッフル回折の影響ですかね。

2014/11/05 22:18  Iridium17  URL  #-  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/465-2d183c82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)