FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  オーディオ
tags : 
LT1764Aの無負荷時のノイズが少ないので気を良くしていたのですが、Firewire410を接続して駆動したときの電源ラインの波形がこちら。Firewire410への入力は無しの状態ですが、1kHzとその高調波がたくさん現れました。

ちょっとびっくりしましたが、LT1764Aの出力インピーダンスを10mΩとすると、10mAの電流が流れ込めば0.1mVの変動が起こる計算ですから、まあこんなものかもしれません。

それにしても1kHzって...どこから来ているのでしょうか。

LT1764A Firewire410駆動.jpg


さて、ローノイズ・高速応答ACアダプターを一生懸命製作したもののFirewire410の内部回路が12V単一電源電圧で動作しているとは思えず、おそらく正負電圧を発生するためのDC-DCコンバータなんかも内蔵されているのでしょう。だとすれば、本当に巷で言われているように外付け電源で音質が向上するのか、だんだん不安になってきました。

そこで、まだバラック配線の状態ですが従来のACアダプターとの比較試聴をしてみました。



(つづく)

関連記事
スポンサーサイト




テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント


 お久しぶりです
 オーディオ・インターフェースの電源作製、頑張っていますね。
 私は、firefaceの電源を、スイッチング電源から、レガシーなトランス(レギュレータ無し)を作製して、比較しましたが、全く差が解りませんでした。
 スイッチング電源だからNGと言う事は、無いと思います。
2014/08/29 21:34  seki  URL  #L8AeYI2M  編集

Re: タイトルなし
sekiさん、こんばんは。

おそらくFirefaceのような高級なインターフェースは内部で電源ノイズやレギュレーション対策がきっちり行われているのでしょうね。

で、拙宅のFirewire410はどうかと言うと...記事のとおりです。

2014/08/30 23:12  Iridium17  URL  #-  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/453-4d9ecf40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)