FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  PARC Audio Project
tags : 
とりあえず出来上がった減衰特性とLR4の理論特性を重ね合わせてみました。

青はDCU-131Aのネットワークなしの特性、緑がLPFを通した時の特性、白が2.4kHzクロスのLR4(4次のLinkwitz-Riley)の理論カーブです。たったこれだけの回路ですが、バッフルステップ補正と24dB/octの減衰スロープとピークキャンセルが実装できています。10kHzから上はもうひとつインダクタを追加すればもっと減衰させることが出来ますが、そのぶんDCRが増えるので音質的にはインダクタ1個のほうがベターでしょう。

LR4_2400Hz_3.jpg


クロスオーバーネットワークの設計、特にLPFの設計はお刺身を作るようなものだと思います。いくら素材を活かすと言っても、シンプルイズベストだと言っても、ウロコも取らずに生魚にかじりつく人はいないでしょう。不要な部分を取り除き、綺麗に形を整えることでお刺身が出来上がるように、スピーカーだっておいしいところだけを使いたいものです。

賛同頂ける方は拍手をお願いします。



(つづく)

関連記事
スポンサーサイト




テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/389-d7705776
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)