FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  PARC Audio Project
tags : 
もう少しポートレスポンスを綺麗にしたいということで、トライアンドエラー再開です。

1kHz付近のピークが定在波なのか気柱共鳴なのか、いまひとつはっきりしないので迷走気味です。もう測定回数は50回を超えたのではないでしょうか。

こちらは色々試した残骸たち。

吸音材いろいろ.jpg


左:SEASの時に試したスポンジ系吸音材。あまりに吸音力が強力なためバスレフ動作がおかしくなったという代物。背面に入れてみたが効果なし。

中央上:透明のプラ板を丸めてポートに挿入することで任意の位置に吸音材をセットできるという優れもの。気柱共鳴の低減を狙ったがメインピークが下がるだけで効果なし。

中央下:ポートの出口にローパスフィルターを置くというコンセプト。やはりメインピークが下がるだけで効果なし。

右上:三角柱のディフューザをポート出口に置くことで定在波をなくすというコンセプト。全く効果なし。

右下:PARC Audioのウール吸音材。フェルトと2枚重ねにしてみたものの効果なし。



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト




テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント


 見物の勝手な意見ですが、エンクロ―ジャ縦方向の1次定在波が1kHzあたりかと。
 中央水平方向に吸音材の壁(仕切り)を作る案に一票。
2014/02/09 09:13  ケン  URL  #VWFaYlLU  編集


始めまして、いつも拝見させてもらってます。
私はウーハーのフェイズプラグ部からの箱定在波ノイズだと勝手に思っています。
2014/02/09 09:41  ウーピー  URL  #-  編集

Re: タイトルなし
ウーピーさん、初めまして!

コメントありがとうございます。

ウーハーのフェイズプラグ部からの箱定在波ノイズというのはどういった現象なんでしょうか?


2014/02/09 20:58  Iridium17  URL  #-  編集


私が以前SEASのw16nx001で2wayスピーカーを作ったときに310Hzと600Hzに-10dB程のデイップがでてしまい、いろいろ調べた結果フェイズプラグ部から箱内部の定在波(奥行き方向以外)が漏れてきているのがわかりました。これに対しては吸音材などで定在波を和らげることで解決しました。
なので、今回のもそれが原因じゃないかと勝手におもっています。

違ったらすみません。
2014/02/09 21:29  ウーピー  URL  #-  編集

Re: タイトルなし
W16NX001ですか!私の憧れのユニットです。

フェイズプラグからの定在波漏れなんてあるんですね。結局のところ、バスレフの場合は吸音材をそれなりに使って定在波を抑えないとダメなんでしょうね。

2014/02/11 01:00  Iridium17  URL  #-  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/367-be6b35ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)