FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  PARC Audio Project
tags : 
まずウーファーですが、私はメタルコーンが大好きなのでPARC Audio Projectでも迷わずアルミコーンを選びました。13cmにするか17cmにするか迷いましたが、今回はコンパクトなシステムにしたかったので13cmのDCU-131Aに決めました。7kHzにBreak-upがありますが、SEASのマグネシウムコーンと比べればかわいいもんです。

ところで、このウーファーを買った方はBreak-upの処理はどうしてるんでしょうか。

本当はツィータもアルミドームにしてオールメタルシステムにしたかったのですが、DCU-T116Aがちょっと高かったので今回は敬遠。ソフトドームではDCU-T113SかDCU-T115Sの二択になりますが、周波数特性のフラットネスを重視してDCU-T115Sに決めました。

A&Cオーディオさんに在庫を問い合わせすると、なんと、DCU-131Aはあと1ペアしかない、次回入荷は未定、とのご返事。慌ててオーダーしました。


driver.jpg



(つづく)


 
関連記事
スポンサーサイト




テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント

DCU-131A
 131A使っていましたが、ウーファとしてかなりしっかりとした低音を出しますね。

 高域共振はネットワークで使っていないので何とも言えませんが、できればピークキャンセラーでつぶした方が静かになって良いかも。
2013/11/05 09:31  ケン  URL  #VWFaYlLU  編集

Re: DCU-131A
ケンさん、こんばんは。

たしか以前はW15CY001もお使いでしたね。
DCU-131AはSEASと比較してどんな感じでしょう?

うちでの印象は無色透明の超純水って感じです。

2013/11/05 23:22  Iridium17  URL  #-  編集


 アルミコーンはPPなどに比べるとやはりあっさり系でしょうか。
 SEASとは直接比べていないしブランクもあるので何とも言えませんね。今度聞き直してみます。
2013/11/06 08:34  ケン  URL  #-  編集


Iridium17さん

ご参考までに
スピーカーの口径は、できるだけ大きい方がボーカルが自然に聴こえます。周波数特性は同一でも、小口径は喉を絞って出し苦しげに聴こえます。理想は、38cmで800Hz位まで出すと良いと思います。

今井 明
2013/11/09 05:44  今井 明  URL  #K1.ywBjI  編集

Re: タイトルなし
今井さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

研究会寄稿レポート『2WAYスピーカーの製作』拝読させて頂きました。


Iridium17

2013/11/10 01:26  Iridium17  URL  #-  編集


 辛らつな質問で、お気を悪くされる覚悟で質問させていただきます。
 W15CY001は、大変素晴らしいドライバーで、既に、素晴らしいスピーカーを構築されていますね。

 何故DCU-131Aを、お選びになったのでしょうか?
 差支えがありませんでしたら、教えてください。

 私は、Illuminatorを使っていますが、ペーパーコーンでありながら、5~7kに強烈なBreak-upがあり、パッシブ・ネットワークの場合は、
18db/oct.で避け、デジタル・チャンデバの場合は、FIRで96db/oct.で避けています。
2014/02/01 14:02  seki  URL  #-  編集

Re: タイトルなし
seki様、こんばんは。

>  何故DCU-131Aを、お選びになったのでしょうか?
>  差支えがありませんでしたら、教えてください。

このシステムは今年5月に開催される『PARCサウンド鑑賞会』に持って行くために作っているのです。

http://iridium17.blog96.fc2.com/blog-entry-317.html
http://iridium17.blog96.fc2.com/blog-entry-318.html

『なんと兵庫県の方からも...』というのが私のことです。もしseki様が関東にお住まいでしたらぜひ参加をご検討下さい。

http://blog.goo.ne.jp/ac-audio/e/73a112a6b276529cf44edec77513ebe7

>  私は、Illuminatorを使っていますが、ペーパーコーンでありながら、5~7kに強烈なBreak-upがあり、パッシブ・ネットワークの場合は、
> 18db/oct.で避け、デジタル・チャンデバの場合は、FIRで96db/oct.で避けています。

Scanspeakのハイエンド、しかも先端的な製品ですね。
もしよろしければドライバの型番、それと計測・設計環境などお教え頂けませんでしょうか。

おそらくIlluminatorのコーンは剛性がすごく高いのでしょうね。

2014/02/01 22:54  Iridium17  URL  #-  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/318-04f693c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)