FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
重い腰を上げて、ようやくシミュレーションを始めました。

マイクをツィータの軸上2mにセットして測定したデータをSpeaker workshopに読み込んで、まずは現状のクロスオーバーネットワークでの特性を計算しました。

こちらはツィータ正相。縦軸は5dbステップです。

TW_normal_2m.jpg


縦軸を2dbステップにして拡大したもの。ほぼ+/-2.5dbに収まっています。

TW_normal_2m_2dbstep.jpg


こちらはツィータが逆相のとき。ちゃんとreverse nullが出ます。

TW_reverse_2m.jpg


なんと、2mでもちゃんと出来ているではありませんか。

ツィータ軸上であればマイク距離1.5mまでは特性が大きく崩れないことは以前の測定で確認していますが、よく考えてみれば、ツィータとウーファーの縦方向の距離の影響はマイク距離が離れるほど小さくなるわけですから、1.5mも2mも大差ないのかも知れません。

Speaker workshopを立ち上げたついでにクロスオーバーネットワークの定数を少しいじってみましたが、ちょっとやそっとでは現状の定数よりも良い条件が見つかりそうにないことが分かりました。



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト




テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/315-b1b93f0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)