FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
月刊Stereo8月号の記事の中にダブルバスレフのポートレスポンスが載っていました。それによると巷で言われているように二つのポートチューニング周波数に応じた出力が出ているようです。私はダブルバスレフは妄想ではないかと思っていたので、これは認識を改めなければいけないと思いました。

ところでダブルバスレフは故長岡鉄男氏が考案したという記事をよく見かけますが、調べてみると実際にはJBLの技術者だったG. L. Augspurgerが1961年にElectronics Worldに投稿した論文が最初のようです。ずいぶん昔からあるのですね。その後、R. N. Marsh(Speaker Builder, 1980年)David B. Weems(Speaker Builder, 1985年)の記事が発表されているそうです。

ソースはこちら。

http://www.claudionegro.com/


Weemsさんの著書は現在でも入手可能です。

http://www.amazon.com/Designing-Building-Testing-Speaker-Projects/dp/007069429X



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト




テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント

ダブルバスレフシミュレーション
 ダブルバスレフは結構設計も複雑で、巷にあまり役立ちそうな情報が無いかったのでシミュレーションをやってみました。
 「魔法の」なんて恥ずかしくて言えませんがチャンと設計すればそれなりに効果はあります。
2013/08/24 08:18  ケン  URL  #VWFaYlLU  編集

Re: ダブルバスレフシミュレーション
ケンさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

HP拝見しました。CircuitMakerというソフトはSpiceみたいなものですかね。
意外と簡単に(といっては失礼ですが)できるんですね。
これで方形波を与えたら過渡応答も計算できるのでしょうか。

それとダブルバスレフの合成特性には高い方のポートチューニング周波数のあたりにディップが出来るみたいですね。これは2回位相反転しているせいだろうと理解しています。

プロの評論家も含めて『ダブルバスレフは小口径ユニットでも低音が出る』といって手放しで喜んでいる論調が多いですけど、本当はこういった点も含めて従来型のバスレフとダブルバスレフの得失を定量的に議論すべきなんでしょうね。

2013/08/25 14:41  Iridium17  URL  #-  編集

Re: ダブルバスレフシミュレーション
いつもブログを拝見していますけど、ケンさんは本当に広範囲な知識と経験をお持ちですね。
それにアクティブに活動していらっしゃる。

私なんか関西に住んでいるということもあってオフ会も参加したことがないし、それにスピーカー以外は無頓着で、しかもアナログのパッシブネットワークしか芸がありません(笑)

2013/08/25 20:39  Iridium17  URL  #-  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/311-5e4348ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)