FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
ARTAの測定におけるダイナミックレンジに関するテストの続きです。
測定方法は下記のリンクを見てください。

http://iridium17.blog96.fc2.com/blog-date-20130519.html


まずは通常のDual channel modeでPeriodic pink noiseを用いたときのノイズフロアで、16回のアベレージングをしています。前回とほぼ同じデータが得られています。

Noise_dual_ch_mode.jpg


Dual channel modeでFrequency domain 2Ch averagingにチェックを入れた場合。デフォルトではTime domain averagingでインパルス応答波形の段階でアベレージンするのに対し、Frequency domain averagingではフーリエ変換して周波数特性に直してからアベレージングしているようですが、ノイズフロアはあまり変わりません。

Noise Frequency domain averaging.jpg


Single channel modeの場合。これもあまり変わりません。

Noise_Single_ch_mode.jpg


結論として、ノイズフロアに関してはSingle channel modeもDual channel modeも変わりはなく、またTime domain averagingでもFrequency domain averagingでも同じという結果でした。要は、測定のダイナミックレンジを稼ぐために静かな環境をで測定するべし、ということでしょう。

さて、改めてARTAを立ち上げて色々測定してみた今回のシリーズはこれで終わりです。今回の測定で、うちのSEAS Excel2ウェイはツィータ軸上で聴くべきだということが分かりましたので、リスニングポジションにおける耳の高さがツィータの高さと合うようなスピーカースタンドを製作することにしました。



(この章おわり)


関連記事
スポンサーサイト




テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント


おじゃまします
私もseas好きでT25CF001、CC17RCY、P14RC/TVを愛用しております。特にT25はいいです。ネットワークについてはしんどそうなのでチャンネルディバイダに逃げています。しかしながらパッシブネットワークにも取り組まなければならないと思う今日この頃です。
ところでこの度L26RFX/Pをmadisoundから通販で買おうと思っているのですが、なにか注意すべき点はありますでしょうか?
2013/07/03 22:58    URL  #-  編集

Re: タイトルなし
こんばんは。コメントありがとうございます。
SEASファンがいらっしゃるとはうれしい限りです。
それと最近はチャンネルディバイダをお使いの方が多いのですね。

さて、お使いのP14もCC17もPPコーンですが、L26やうちのW15などSEASのメタルコーンは中高域に強烈なBreak-upがありますので、これをどうやって処理するかが使いこなしのポイントになります。パッシブネットワークの場合はノッチフィルターを入れるのが定番ですが、チャンネルディバイダ(ノッチフィルター無し)ですと24db/octで500~1kHzのクロスですかね。となると、これについていけるツィータは無いので必然的に3ウェイかサブウーファーとしての使い方になりそうです。

どんな使い方をお考えでしょうか?

2013/07/04 22:12  Iridium17  URL  #-  編集


18dB/oct.の500Hzで接続する3wayのウーハーとして使う予定です。今はP14をスコーカー、CC17をウーハーとして使っています。低音を充実させたいという希望からL26の起用に至りました。
2013/07/05 22:36    URL  #-  編集

Re: タイトルなし
こんにちは。
コメントありがとうございます。

いいですねえ!
日本でSEASの大口径メタルコーンウーファーを使おうという方は滅多にいないと思いますので、ぜひ結果を公開して頂ければと思います。

さて、L26のデータシートを見ますと4kHzに100dbぐらいのBreak-upのピークがあります。500Hzクロスで18db/octとすると4kHzでの減衰量は-54db、ピークの高さは46dbと計算されます。L26の能率が公称88dbですから平均レベルに対して-42dbぐらいのレベルですね。うちのW15もBreak-upのピークは平均レベルに対して-40dbぐらいのレベルですが、とりあえず問題なく聴けています。

ただうちの場合は10kHz以上の高次のピークが残っているだけですが、L26のBreak-upは4kHzという耳につきやすい領域にありますので、もし可能でしたら24db/octも試されてはどうでしょう。

2013/07/06 13:49  Iridium17  URL  #-  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/302-8dfe3c7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)