FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
昨年から取り組んでいたSEAS Excel ProjectのHP化がようやく完成しました。

http://www.hi-net.zaq.ne.jp/bugra101/index.html

製作過程はブログよりも読みやすくなっていますが、細かい紆余曲折の経緯までは書けなかったので、なんでこうなってるの?といった疑問が生じたときは当ブログの関連記事を追って頂く必要があります。

またARTAの勘所をまとめたマニュアルもアップロードしました。

ご意見はこのブログにお願いします。



(完)

関連記事
スポンサーサイト




テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント

Home Page
Iridium17 様

1.デザイン
Iridium17 様は、SP、X-over、そしてホームページと、本当にデザインセンスが良いです。綺麗ですね。(私の好みは、明るい色が好きなのですが。)

世の中、人によって違いますね。実は、スピーカーの製作を専門の方にお願いしようかなと思った事がありました。その方のX-over製作で ラグ板を使わずに部品のリードをねじて半田付けをされているのを見て、胸が締め付けられる思いがし、一変に自分で製作することになりました。

2.WinISDの質問
このソフトのボックス容積は、ダクトの体積を削除した物でしょうか。それとも、ダクトの体積を含んだ物でしょうか。以前も、伺っていたら御免なさい。如何なのでしょうか。
2013/04/01 02:48  神戸の弥太っぺ  URL  #tHX44QXM  編集

Re: Home Page
神戸の弥太っぺ様、こんばんは。

さっそくHPを見て頂き、ありがとうございます。

さてWinISDの件ですが、はっきり分かりません。HELPにも書いてないですね。
あくまで想像ですが、エンクロージャの内寸から計算した値そのままではないかと思います。と言いますのは、ダクトの体積はパイプの肉厚などの影響を受けますが、WinISDにはそこまで細かいパラメータがありませんので。

ただチューニング周波数はなかなか計算では合わないので、計算は目安程度で、実測が必要ではないでしょうか。

2013/04/01 21:20  Iridium17  URL  #-  編集

Home Page
Iridium17 様

どうも有難う御座いました。
回答は、期待できませんが、WinISDのサイトで、その説明があればより使いやすいですとメールを送りました。

2013/04/02 02:00  神戸の弥太っぺ  URL  #tHX44QXM  編集

WinISD
Iridium17 様

度々すいません。

私の、質問の文章が良くないのかもしれません。
ダクトの体積とは、ダクトの中の空気の容積です。ダクトが大きいと、可也の容積になります。この容積を、Boxの内部容積から引いたものが、WinISDで計算されているBoxサイズかどうかという質問です。その事を、WinISDのフォームでは説明ないので、ダクトの中の空気の容量は、考えなくて良いということでしょうか。

以前も、質問していた事を思い出しました。何度もすいません。
2013/04/02 06:00  神戸の弥太っぺ  URL  #tHX44QXM  編集

Re: WinISD
神戸の弥太っぺ様、こんばんは。

> ダクトの体積とは、ダクトの中の空気の容積です。ダクトが大きいと、可也の容積になります。この容積を、Boxの内部容積から引いたものが、WinISDで計算されているBoxサイズかどうかという質問です。

私の理解では、

実際に必要なキャビネット容積=WinISDで求めたキャビネット容積+ダクト中の空気の容積

だと思っていますが、100%の確信はありません。

ただ、細かいことを言えばウーファーのマグネットの体積とか吸音材の実効体積とか、あるいはクロスオーバーネットワークを内蔵するならその体積、等々ありますので、キャビネットの容積に多少余裕を持たせておいてはどうでしょうか。もし大きすぎるようでしたら、後で補強材を追加するなどして容積を小さくすることは出来ますので。

ところで大きめのダクトを検討されているように思います。ウーファーのリニアリティの面からはダクトが大きいほうが良いとされていますが、実際には太くて長いダクトは使いづらい印象があります。SEASのTrymキットの図面も参考にされてはいかがでしょう。

2013/04/02 23:23  Iridium17  URL  #-  編集

WinISD
Iridium17 様

お返事有難う御座います。

調整を、どの様に行うか十分検討してみます。段々と製作が本番に入りつつあります。いつも助かります。
2013/04/03 00:09  神戸の弥太っぺ  URL  #tHX44QXM  編集

ARTA LIMP 接続ケーブル
Iridium17 様

お忙しいところ申し訳御座いません。
1.ARTAについて
接続ケーブルの長さは、影響しないと考えています。

2.LIMPについて
スピーカーとVoltage Probeの接続ケーブルは極力短くし、その他の接続ケーブルは、長くして問題ないと回路から考えています。

正しいでしょうか。時間の御座います時に、お返事宜しくお願い致します。
2013/04/12 08:14  神戸の弥太っぺ  URL  #tHX44QXM  編集

Re: ARTA LIMP 接続ケーブル
神戸の弥太っぺ様、こんにちは。
返事が遅くなり申し訳ありません。

> 1.ARTAについて
> 接続ケーブルの長さは、影響しないと考えています。

→ 特に影響はないと思います。

> 2.LIMPについて
> スピーカーとVoltage Probeの接続ケーブルは極力短くし、その他の接続ケーブルは、長くして問題ないと回路から考えています。

→ スピーカーとVoltage Probeの接続というよりも、基準抵抗からスピーカーまでの配線(下記記事中写真の上の赤いケーブル)と、スピーカーから治具のグランドに戻る線(同写真の青いケーブル)を太く短くすることが必要です。要するにスピーカーに直列に入る配線の抵抗を小さくする必要があります。

http://iridium17.blog96.fc2.com/blog-entry-241.html

LIMPでは基準抵抗から先の抵抗成分(ドライバのインピーダンス+配線抵抗)を測定していますので、配線抵抗が大きくなると測定誤差が大きくなってしまうからです。

分かりにくければお知らせ下さい。

2013/04/13 14:02  Iridium17  URL  #-  編集

ARTA LIMP
Iridium17 様

有難う御座います。良く解りました。
先日、アンプの試聴に大阪へ行って来ました。当初は寄る予定は無かったのですが、ProCableにも行って来ました。こちらでは、準備中で試聴出来かったので、また 来週行こうと思っています。
良い音とは、中々難しいと思いました。おそらく、其々のアンプに癖があるのかもしれません。
2013/04/13 16:29  神戸の弥太っぺ  URL  #tHX44QXM  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/285-20c48c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)