FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
SEASのドライバを使って2ウェイを作ってみようという人は多くないと思いますが、そういうambitiousな方のためにお薦めの組み合わせを作ってみました。


Recommendation4.jpg


Design #1
これはお薦めです。ウーファーはExcelシリーズではなく、Prestigeシリーズの18cmアルミコーンですが、Break-up nodeが7kHzと高いところにあるのでクロスオーバーネットワークの設計が楽です。Zaphのサイトにツィータとして27TBFCGを使った作例がありますが、私ならT25CF001を推しますね。ドライバーのコストはペアで4万円ほど。この予算で国産ドライバなら何が買えるでしょうか。

Design #2
Joseph audioのPulsarの組み合わせです。W16NX001はBreak-up nodeが4kH付近と低いところにあるので、クロスオーバーをできるだけ低く取る必要があります。そのためツィータにはf0の低いT25CF002 Millenniumを使うことになり、全体としてかなり高価なシステムになります。事実、Pulsarのお値段は997,500円(ペア)です。コストパフォーマンスという観点からはあまりお薦めできない組み合わせです。

Design #3
どうせBreak-up nodeの処理のために高価なMillenniumを使うのであれば、いっそのこと18cmに行っちゃった方がいいんじゃないの?というデザインがこれ。W18EX001にはマグネットの小さいW18E001というバリエーションがあり、低域を伸ばしやすいのはQtsの高いこちらの方ですが、音質的にはどちらがベターなのか分かりません。ということで、迷いが残りそうなので積極的にお薦めしない組み合わせです。

Design #4
私のSEAS Excel 2ウェイです。いまさら説明不要ですが、マグネシウムコーンのW15CY001に対してExcelシリーズの末っ子T25CF001では役不足かというと決してそんなことはなく、これはこれで良い組み合わせです。T25CF001のF0から考えるとクロスオーバーは2kHz付近が好ましいのですが、私の場合は周波数特性のフラットネスとreverse nullが両立する最適解が1.8kHzでしか見つけられませんでした。なお、W15CY001は元々能率が低いので、これにがっつりバッフル回折補正をかけるとかなり能率の低いシステムになってしまいます。広い部屋でがんがん鳴らしたい方や、高能率=高音質、低能率=低音質と信じている方にはお薦めしません。

なお、いずれのデザインもクロスオーバーネットワークには4次のLinkwitz-Riley(24db/oct)に加えてBreak-up nodeにチューニングしたノッチフィルターが必須ですが、楕円関数フィルターまでは必要ないと思います。



(この章おわり)


関連記事
スポンサーサイト




テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント


はじめまして、ツァイススキーです。

どれもおもしろそうな組み合わせですね。
私は、Scan-Speakのユニットで3wayを自作予定です。

SEAS Excel ProjectのHP化を応援しております。
2013/02/04 14:57  ツァイススキー  URL  #KI9OsvPY  編集

Re: タイトルなし
ツァイススキー様、こんばんは。

コメントありがとうございます。
Scan Speakで3wayとなるとかなりの大作ですね。
ぜひ製作過程を公開してくださいませ。

また測定環境はどのようにされるのでしょうか。

2013/02/04 21:54  Iridium17  URL  #-  編集


Iridium17 様

コメントありがとうございます。返信遅れてすいません。

Scan-Speak Discoveryでの製作予定なので大作ってほどでもないです。製作過程の公開は迷っています。

測定環境についてですが、じつは白紙で自作初めて、とゆうかオーディオエンスーには最近なったばっかりなのです。(24才でまわりにオーディオ好きの人いないです。・゚・(*ノД`*)・゚・。)

なので、HP化を応援しております。日本のスピーカービルダー全体のレベルアップはIridium17 様
にかかっていると思います(笑)

プロフィールの日本の常識は世界の非常識には同意します。日本人は感性は優れていると思うのですが、権威主義・感情論優先が強いように思います。
2013/02/07 19:09  ツァイススキー  URL  #szTeXD76  編集

Re: タイトルなし
ツァイススキー様、こんばんは。
コメントありがとうございます。

> Scan-Speak Discoveryでの製作予定なので大作ってほどでもないです。製作過程の公開は迷っています。

Discoveryシリーズ、ウェブで見てみましたがお値段のわりに特性が良いですね。Scan SpeakはSEASのメタルコーンのような鋭いBreak-upがないのでクロスオーバーネットワークが作りやすそうです。

> 測定環境についてですが、じつは白紙で自作初めて、とゆうかオーディオエンスーには最近なったばっかりなのです。(24才でまわりにオーディオ好きの人いないです。・゚・(*ノД`*)・゚・。)

老婆心ながら...もしパッシブネットワークで作られるのであれば3ウェイはけっこう大変だと思います。私の場合は2ウェイですが、それでもネットワークを仕上げるのに何だかんだで3年かかっています。もしこれからドライバを購入されるのであれば15W/8434G00とR2604/832000で2ウェイはいかがですか?

測定技術とシミュレーションを使ってネットワークを仕上げるという作業は最初は敷居が高いですが、マスターしてしまえば非常におもしろいです。このおもしろさを知ってしまうと、もうフルレンジでは作る気がしないほどです。

> プロフィールの日本の常識は世界の非常識には同意します。日本人は感性は優れていると思うのですが、権威主義・感情論優先が強いように思います。

ありがとうございます。著名評論家のことを○○先生と呼ぶのは異常ですね。我々アマチュアはお金を払って雑誌を買う立場なのですから。

2013/02/07 21:49  Iridium17  URL  #-  編集


Iridium17様、こんばんは。

>Discoveryシリーズ、ウェブで見てみましたがお値段のわりに特性が良いですね。Scan SpeakはSEASのメタルコーンのような鋭いBreak-upがないのでクロスオーバーネットワークが作りやすそうです。

値段もいいですが、なんといってもMade in Denmarkです。Discoveryシリーズは設計がVifaだったりする物もいっぱいありますが、Scan Speakが少し手を加えているそうなので音質と品質に期待しています。

>老婆心ながら...もしパッシブネットワークで作られるのであれば3ウェイはけっこう大変だと思います。私の場合は2ウェイですが、それでもネットワークを仕上げるのに何だかんだで3年かかっています。もしこれからドライバを購入されるのであれば15W/8434G00とR2604/832000で2ウェイはいかがですか?

じつは、構成をPENAUDIOのCHARISMA(2ウェイ)とCHARA(サブウーファー兼スタンド)のように2ウェイと3ウェイのコンバーチブルに(ネットワークをそれぞれ作成する)したいのです。深夜だとかボーカル物に2ウェイ、低音が欲しい曲に3ウェイといった具合です。エンクロージャー設計も超低域を切り離すので楽ですし、音質も有利になると思います。

>測定技術とシミュレーションを使ってネットワークを仕上げるという作業は最初は敷居が高いですが、マスターしてしまえば非常におもしろいです。このおもしろさを知ってしまうと、もうフルレンジでは作る気がしないほどです。

僕はメーカー製スピーカーでネットワークをいろいろ換えて遊んでいたのですが、特に変化を感じたのはフェライトコアのコイルから空芯コイルに換えた際に、いくら音量を上げても歪み感を感じることがなくなったことです。なんておもしろいんだろうと思いました。そこでココのブログの製作過程を見て自作欲がわきました。(ケーブル類に数万~数十万の物を使用している人がいますが、そのお金で僕だったらスピーカーユニットとネットワークにお金と時間をかけます)

>ありがとうございます。著名評論家のことを○○先生と呼ぶのは異常ですね。我々アマチュアはお金を払って雑誌を買う立場なのですから。

あと日本の著名評論家やオーディオマニアさんは、せまい部屋(四畳とかもありました)にメーカーフラグシップスピーカーや、15インチホーンをいくつも置いたり、ハイエンド機器をラックいっぱいにならべたり、無駄にパワーのあるアンプを置いたりして、なんてナンセンスだろうと思いました。

2013/02/08 20:08  ツァイススキー  URL  #szTeXD76  編集

Re: タイトルなし
ツァイススキーさん、こんばんは。


> じつは、構成をPENAUDIOのCHARISMA(2ウェイ)とCHARA(サブウーファー兼スタンド)のように2ウェイと3ウェイのコンバーチブルに(ネットワークをそれぞれ作成する)したいのです。深夜だとかボーカル物に2ウェイ、低音が欲しい曲に3ウェイといった具合です。エンクロージャー設計も超低域を切り離すので楽ですし、音質も有利になると思います。

なるほど。PENAUDIOというメーカーは初めて知りました。CHARISMAのウーファーはW12CY003、ツィータは19TFF1ですかね。どちらもSEASですね。

> 僕はメーカー製スピーカーでネットワークをいろいろ換えて遊んでいたのですが、特に変化を感じたのはフェライトコアのコイルから空芯コイルに換えた際に、いくら音量を上げても歪み感を感じることがなくなったことです。なんておもしろいんだろうと思いました。

クロスオーバー周波数にもよりますがサブウーファー側のネットワークにはかなり大きな値のLとCが必要になります。これが3ウェイのしんどいところですね。インダクタには鉄心コアもご検討下さい。フェライトは飽和磁束密度が低いのでダメです。大型のラミネートコアがお薦めです。キャパシタは難しいところしれません。

マルチウェイを作るのであれば、多少?の勉強が必要です。当ブログでも紹介しているLoudspeaker Design Cookbookもお読みになることをお薦めします。また海外にはZaph audioのように勉強になるサイトが色々あります。
2013/02/08 23:16  Iridium17  URL  #-  編集


Iridium17さん
国産の低価格で2WAYを作るならYS137G-PSCと
FT207Dは視聴して良いなと思いました
私はチャンデバとバッフル反射や計算通りのスロープが
得られないことの凸凹はイコライザで補正しています
そのうちパッシブにしたいなと思っているので
Speaker WorkshopとARTAを使った作り方を知りたいです

ツァイススキーさん
Iridium17さんが紹介してくれた
15W/8434G00とR2604/832000はフラットで良いユニットだと思います
Vifa,Peerless,Wavecor,デンマークのメーカーは見た目は
地味なものが多いけど音はどれも良いと思いました
Scan-Speakの上級ユニットはカッコイイです。高いけど
私も20代です。よろしくお願いします
2013/02/09 05:23  reira  URL  #-  編集

Re: タイトルなし
reiraさん、こんばんは。

YS137G-PSCとFT207D、約9000円/chですね。Madisondで100ドル/chの予算で買えるドライバを物色してみると、

SEAS Prestige CA15RLY(59.9$)+T27TFFC(46$)
アルミコーンのL15RLY/P(88.4$)だと少々予算オーバー。

Scan Speak Discovery 15W/8434G-00(70.7$)+R2604/8320(54.45$)
ちょっと予算オーバーですが、125$/chでScan Speakが買えるなら良い買い物ですよね。
まずいなあ、作りたくなってきた(笑)

Speaker WorkshopやARTAの使い方に関するご要望が多いのですが、ARTAには理論も含めた奥深いマニュアルが付いていますが測定するだけなら使い方は比較的簡単です。いつになるかわかりませんがHPにはARTAの簡単マニュアルをアップする予定です。一方、Speaker WorkshopのほうはGlobal standardな設計手法や用語といったバックグラウンドがなければ使い方を理解すること自体が困難です。私自身もLoudspeaker Design CookbookとかLoudspeaker Recipeあたりを読むところから始めなければいけませんでした。

ただし、これらの本はすべて英語です。ARTAもSpeaker Workshopも英語ですよね。で、暴言を承知で言いますと、

  スピーカー作りに最も必要なものはネット環境と英語力である。

というのが私の持論です。reiraさんもツァイススキーさんもお若い(私は皆さんの年齢×2ぐらいのおじさんです)のだから、ぜひ海外の情報に目を向けて頂きたいです。

2013/02/09 20:00  Iridium17  URL  #-  編集


Iridium17様、こんばんは。

>スピーカー作りに最も必要なものはネット環境と英語力である。

というのが私の持論です。reiraさんもツァイススキーさんもお若い(私は皆さんの年齢×2ぐらいのおじさんです)のだから、ぜひ海外の情報に目を向けて頂きたいです。


耳が痛いですが、頑張ってみます。「急がば回れ」ですね! Zaph audioやDIY Loudspeakersといったサイトを見てみると、向こうの人たちのバイタリティーを感じます。素直に羨ましいです。


reira様、こんばんは。

デンマーク設計は家具もそうですがシンプルなのにカッコイイですよね。日本も最近だとPARC Audioさんなんかは、音質・デザインなんか頑張ってるような気がします。ユニット選定には迷いが尽きません(笑)
2013/02/11 19:03  ツァイススキー  URL  #-  編集


Iridium17さん
ARTAでの測定はなんとか出来ましたが
ネットワークの調整は簡単ではないですね
チャンデバの設定を色々変えたり録音したりして遊んでいますが
最終的な合成F特がフラットになれば24db/octや
reverse nullに拘らなくてもいいと思いました

ツァイススキーさん
ユニットの視聴をするとあれも良い、これも良いで迷いますが
デザインやブランドで選んでもいいんじゃないと思います
サブウーファーは15インチ以上の大口径か10インチ以上の
Xmaxの大きい高性能ユニットの使用をお勧めします
2013/02/11 22:06  reira  URL  #-  編集

Re: タイトルなし
reiraさん、こんばんは。

ウーファーとツィータを同一バッフルにマウントした場合、普通はacoustic centerが合わないのでreverse nullは出ないと思います。ツィータを外付けにするかスラントバッフルにして少し後退させるか、あるいはデジタルのチャンデバならばウーファー側に少しディレイをかけるといったことをすればreverse nullが出やすくなるでしょう。

一方、私の作例のようにスラントバッフルを使わずにネットワークの定数を調整することで位相を合わせ込むことも可能です。ただし周波数特性のフラットネスとreverse nullを両立させるような定数を見つけるのは難しく、私の場合は2kHzクロスではどうしても解が見つからず、1.8kHzクロスになってしまいました。まあこのあたりがマルチウェイの醍醐味でもあるのですが。

24db/octに拘るかどうかは、ウーファーならば高域の暴れの有無、ツィータならクロスオーバー周波数に対してF0の余裕がどのぐらいあるか、等を考慮する必要があります。私の場合、どちらの条件も厳しかったので24db/octにしました。

reverse nullに拘るべきかどうかは海外の掲示板でもそういった議論がありましたが、結局のところZaphやTroels Gravesenといった有名どころの自作サイトでは皆誇らしげにreverse nullを示しています。私は拘る派ですね。

> Iridium17さん
> ARTAでの測定はなんとか出来ましたが
> ネットワークの調整は簡単ではないですね
> チャンデバの設定を色々変えたり録音したりして遊んでいますが
> 最終的な合成F特がフラットになれば24db/octや
> reverse nullに拘らなくてもいいと思いました
>
> ツァイススキーさん
> ユニットの視聴をするとあれも良い、これも良いで迷いますが
> デザインやブランドで選んでもいいんじゃないと思います
> サブウーファーは15インチ以上の大口径か10インチ以上の
> Xmaxの大きい高性能ユニットの使用をお勧めします
2013/02/11 22:49  Iridium17  URL  #-  編集

Re: タイトルなし
ツァイススキーさん。こんばんは。

Zaphさんはセミプロみたいですが、日本のオーディオ評論家でこのレベルのスピーカーを作る実力を持った人が果たして何人いるでしょうか。

あとユニット選びですが、偉そうなことを言うほど経験がありませんが、周波数特性だけでは語れない歪みや過渡特性(CSD)も重要です。このあたりScan SpeakとかSEASは伊達に値段が高いだけではないと思いますね。

> Iridium17様、こんばんは。
>
> >スピーカー作りに最も必要なものはネット環境と英語力である。
>
> というのが私の持論です。reiraさんもツァイススキーさんもお若い(私は皆さんの年齢×2ぐらいのおじさんです)のだから、ぜひ海外の情報に目を向けて頂きたいです。
>
>
> 耳が痛いですが、頑張ってみます。「急がば回れ」ですね! Zaph audioやDIY Loudspeakersといったサイトを見てみると、向こうの人たちのバイタリティーを感じます。素直に羨ましいです。
>
>
> reira様、こんばんは。
>
> デンマーク設計は家具もそうですがシンプルなのにカッコイイですよね。日本も最近だとPARC Audioさんなんかは、音質・デザインなんか頑張ってるような気がします。ユニット選定には迷いが尽きません(笑)
2013/02/11 23:15  Iridium17  URL  #-  編集

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/02/21 16:12      #  編集

Re: はじめまして
【鍵コメントの返信】

こんばんは。コメントありがとうございます。

このドライバ、おもしろいですね。
ウーファーのBreak-up nodeが5kHz付近にある一方で、ツィータのf0があまり低くないので、クロスオーバーポイントの選定が悩ましいですね。

もし可能でしたら作例を公開してください。

2013/02/21 23:23  Iridium17  URL  #-  編集


はじめまして。突然ですが大変わかりやすい解説をありがとうございます。ここでreverse-nullという知識を得て、ZA-SR71とBIFROSTを製作することができました。
ところで”AUDIOEXCITE”というサイトでZA-71は1mの測定でreverse-nullが最適化されており、2.5mではTWを7㎜後退させた位置でreverse-nullが最も深い、と解析されております。エンクロージュアに傾斜があるスピーカーにはこのような意味があったのですね。そこではLspCAD 6.0 ProとArtaを使用しているようです。共通するハイエンド的な?音質傾向があるように思います。このような特殊な知識を日本語で得ることができ、感謝感激です。
メタル振動版の澄んだ音に憧れますので、2番の組み合わせでいつかやってみたいです。
2013/03/03 11:08  sinnkuukann117  URL  #-  編集

Re: タイトルなし
sinnkuukann117さん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
この作例が少しでもお役に立ったのであればうれしい限りです。

ご指摘のようにreverse nullはある特定のポイントで最適化されるのが実態です。私の作例でもツィータの軸上1mでreverse nullが出るように最適化していますが、これが50cmや2mではどうなるのか気になるところなので、いずれ測定してみようと思っています。

最近、ある方から頂いたコメントでSEAS ExcelシリーズにC16N001/Fというコアキシャルドライバがあるのを知りました。こういった点音源ドライバを使えば、どんな角度からでも、どんな距離で測定してもreverse nullが出るようなシステムが作れるのだろうか、それってどんな音がするのだろう、音像定位は???、などと妄想しています。


> はじめまして。突然ですが大変わかりやすい解説をありがとうございます。ここでreverse-nullという知識を得て、ZA-SR71とBIFROSTを製作することができました。
> ところで”AUDIOEXCITE”というサイトでZA-71は1mの測定でreverse-nullが最適化されており、2.5mではTWを7㎜後退させた位置でreverse-nullが最も深い、と解析されております。エンクロージュアに傾斜があるスピーカーにはこのような意味があったのですね。そこではLspCAD 6.0 ProとArtaを使用しているようです。共通するハイエンド的な?音質傾向があるように思います。このような特殊な知識を日本語で得ることができ、感謝感激です。
> メタル振動版の澄んだ音に憧れますので、2番の組み合わせでいつかやってみたいです。
2013/03/03 23:31  Iridium17  URL  #-  編集

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/03/12 15:11      #  編集

Re: はじめまして
Nyam Nyamさん、こんばんは。
当ブログを見て頂き光栄です。またコメントありがとうございます。

スピーカー作りにはアート呼ぶべき面があるのは否定しませんが、まずはキカイとして、あるいは電気回路としてちゃんと動作させるのが肝心だと私は考えています。和魂洋才とは良く言ったもので、どうも日本人は情緒を優先しがちですが、客観=計測はやはり大事です。

スピーカーの計測は最初は少々敷居が高いですが慣れると非常におもしろいです。スピーカー作りの楽しみが倍増します。このSEAS Excel projectで計測技術とクロスオーバーネットワーク技術には少しばかり経験を積みましたので、もしご質問があればお答えさせて頂きます。

今後ともよろしくおつきあいをお願いします。

2013/03/12 20:18  Iridium17  URL  #-  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/281-d7f368c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)