FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
ARTAで測定したうちのSEAS Excel 2ウェイの周波数特性はこんな感じで、がんばって作ったわりにはフラットとは言えない特性でした。

normal_highVol480.jpg


要するにクロスオーバーネットワークの設計が良くないのですが、根本的な原因としてシミュレーションの元データとなるSpeaker WorkshopによるFar Field (Gated)測定で綺麗なデータが得られなかったことと、WM-61Aを使って自作したマイクの特性がフラットではなかったことの影響が大きいと思われます。やはり2ウェイシステムをきっちり仕上げるには精度の高い計測技術が不可欠だということを思い知らされた次第です。

さて、拙宅の計測技術ですが、FireWire410とARTAによるインパルス測定をマスターしたことと、測定用マイクとして校正データ付きのDayton EMM-6を導入したことで、ようやく精度に自信が持てるようになりました。実は上記の計測も日を変えて3回行っており、その都度セッティングをばらして、またセッティングして、ということをやっているのですが、Reverse nullも含めて綺麗に再現することを確認しています。

計測環境が整備されたところで、もう一度クロスオーバーネットワークを見直してフラットな特性に仕上げようというのが次のテーマです。



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト




テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント

コンデンサー
Iridium17 様

Tweeter側ネットワークに使われています初めのコンデンサー(一番大きい)についてお伺い致します。
Iridium17 様は、800Vの物を使われています。これは、400Vで抵抗値が比較して大きくても音質に影響ないのでしょうか。効率調整抵抗(L pad)がシリーズに入っているので、400Vでも変わらないように思うのですが如何でしょうか。精度は高い方が良いと思います。800Vは価格が高いので、躊躇しています。

何故、800Vのコンデンサーを選択されたのでしょうか。時間が御座います時に、御教授願います。 
2012/09/10 02:52  神戸の弥太っぺ  URL  #tHX44QXM  編集

位相
Iridium17 様

グラフの下側は、位相でしょうか。

1.6kHzのところで何故360度反転するのでしょうか。
また、1.6kHzから13kHzにかけて何故またゆっくりと反転するのでしょうか。そして13kHzで、急に反転しています。

あの本に、詳しく解説が載っているのでしょうか。

お時間のある時に、御教授お願い致します。
2012/09/10 21:33  神戸の弥太っぺ  URL  #tHX44QXM  編集

Re: コンデンサー
神戸の弥太っぺ様

こんばんは。

ネットワークキャパシターですが、耐圧は200Vもあれば十分です。ただツィータに繋がるキャパシターにはそこそこ上等なものを使いたかったので、海外のサイトで評判の良かったJantzenのSuperior-Zにしたところ、たまたま800V耐圧だったということです。

Superior-Zはアルミの円筒ケースに入っており、しっかりした作りですが、確かに高価です。

私自身の反省でもあるのですが、近い将来クロスオーバーネットワークを作り直す可能性がある場合は最初から高価なキャパシターを買っても無駄になる可能性があります。最初はJantzenならCross-CapとかDaytonのやつとかそこそこの製品にしておき、ネットワークの定数が固まったら上等なものに代えてみるというのも手ではないかと思います。


ご参考になれば幸いです。


2012/09/10 22:10  Iridium17  URL  #-  編集

Re: 位相
神戸の弥太っぺ様

こんばんは。

位相が急変しているように見えるのはグラフのいたずらで、位相が360度回って元に戻ったとお考え下さい。

位相データの形はマイクとスピーカーの位置関係によっても変化しますし、インパルス解析におけるカーソルの位置によっても変わります。

ただ、クロスオーバーネットワークの設計において位相の絶対値は重要ではなく、ミッドバスとツィータの相対的な位相関係が重要です。そこで、ARTAでミッドバスとツィータの裸特性を測定する際にはマイクの位置もアンプのボリュームもカーソル・マーカーの位置も何一つ変えずに測定し、得られた結果をそのままSpeaker Workshopにインポートしてシミュレーションを行うことにしました。このあたりの考え方は近日中に記事にする予定です。

ご参考になれば幸いです。

2012/09/10 22:45  Iridium17  URL  #-  編集

Re: 位相
神戸の弥太っぺ様

ひとつ書き漏らしましたが、位相データについてはLoudspeaker Design CookbookにもLoudspeaker Recipeにもほとんど解説がありません。また海外のサイトを検索しても、皆さん色々悩んでいるものの、これといった定説は見つかりませんでした。

したがってこれから記事にする測定・解析方法もこれで正しいという確証はないので、今度新しく作り直すネットワークを組んだ2ウェイの実測値とシミュレーション結果を比較して、一連の設計手法がが正しかったかどうか検証するところまでやりたいと思っています。結論が出るのはあと2ヶ月ほど先になりますが...
2012/09/10 23:34  Iridium17  URL  #-  編集


Iridium17 様

コンデンサー:
高額なコンデンサーを使うと音が良いと言われていますが、それの事ですね。

計測の注意:
マイクの位置など、重要なのですね。

Speaker Workshop:
Loudspeaker Design Cookbookを見ても、Speaker Workshopの使い方が書かれていないようなのでがっかりしました。

いつもレベルの低い質問で、すいません。少しづつARTA,Speaker Workshopについても何をするソフトかが分かって来ました。

いつも、有難う御座います。

2012/09/12 03:39  神戸の弥太っぺ  URL  #tHX44QXM  編集

Re: タイトルなし
神戸の弥太っぺ様

こんばんは。

Loudspeaker Design CookbookにはSpeaker Workshopの使い方そのものは書かれていませんが、この本に書かれているような設計手法を知っていないと、いきなりSpeaker Workshopを理解するのは難しいです。英語なので読むには骨が折れますが、時間をかけてでも読む価値はあると思います。
2012/09/12 20:06  Iridium17  URL  #-  編集

解説Book
Irisium17 様

そう言うことですか。
読むように致します。

有難う御座いました。
2012/09/13 01:34  神戸の弥太っぺ  URL  #tHX44QXM  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/235-33b39cb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)