FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
測定は1分以内に終わります。

こんな感じのインパルス特性が得られれば測定は成功です。9.71mSより手前の大きな振幅が直接波、13.21mS付近の小さな振幅が床からの反射波です。マウスの右ボタンでカーソルを直接波の始まる手前にセットし、左ボタンでマーカーを反射波の始まる手前にセットします。

normal IMP.jpg

カーソルとマーカーの間をGateと呼びます。この例では4.063mSですが、これはちょうど直接波と反射波の伝搬距離の差1.4mに相当します。

AnalysisのタブでDual-gated smoothed frequency responseかUnsmoothed DFT frequency response / Spectrumを選択すると周波数特性が得られます。私は一貫してUnsmoothedのほうを使いました。

Analysis.jpg



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト




テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント

オーディオ インターフェイス
Iridium 17 様

ローランド、TASCAM、その他御座いますが、M-Audio Firewireを選ばれたのは、ARTAの仕様に記載されていたからだけでしょうか。その他の選択の理由が御座いますでしょうか。

また、PCのCDドライブで音楽を再生した場合、スピーカーの音質は宜しいでしょうか。私のRATOK USB DACは、4万もしたのですが音場の広がりがとぼしくお粗末でした。PCの音源をオーディオで再生するのに良い製品をご存知でしょうか。

宜しければ、御教授願います。



2012/09/02 11:54  神戸の弥太っぺ  URL  #tHX44QXM  編集

Re: オーディオ インターフェイス
神戸の弥太っぺ様

こんばんは。

オーディオインターフェースにFireWire410を選んだ理由ですが、

・ARTAの推奨リストに載っているか、もしくはそれに近いもの
・24bit/96kHzの分解能
・マイクプリアンプとファンタム電源内蔵

といったあたりでオークションを物色していたら、程度の良い中古が12,000円で出品されていたのが最大の理由です。

また手持ちのPCにFireWireインターフェースが内蔵されていたというのも理由の一つですが、これがうまく動作してくれなかったのは誤算でした。WindowsでFireWireインターフェースを使うのは何かとトラブルが多いようなので、48kHzで録音と再生が同時にできるならUSB2.0インターフェースの製品でも良いと思います。

FireWire410ですが、今のところ測定専用なので音は聞いたことがありません(笑)。


お役に立てば幸いです。
2012/09/02 22:05  Iridium17  URL  #-  編集

FireWire410
Iridium17 様

私であれば、ノイズの時点でノックアウトです。海外のHPを検索する事は出来ないでしょう。

数学と英語は、必要ですね。
2012/09/03 14:28  神戸の弥太っぺ  URL  #tHX44QXM  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/229-93692868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)