FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
Dayton Audioの測定用コンデンサマイク、EMM-6を購入しました。
Parts-ExpressかCross Spectrumから購入しても良かったのですが、さすがに面倒になり、ベイサイドネットからの購入となりました。

立派なケースとマイクホルダ、ウインドスクリーンが付属します。
Parts-expressでのお値段はたったの$48.26です。ちなみにCross Spectrumの校正済みのものは$75です。
つくづくアメリカはDIY天国だと感じます。

EMM-6-2a.jpg


EMM-6にはこのような個別のデータシートが付属しますが、Dayton Audioのウェブサイトでシリアルナンバーを入力することでその個体に対する校正ファイルをダウンロードすることが出来ます。このファイルの拡張子を.micに変更すればキャリブレーションファイルとしてARTAに読み込ませることが出来ます。

EMM-6-3a.jpg



(つづく)

関連記事
スポンサーサイト




テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント

ARTA
Iridium17 様

本当に、スピーカーのDIYでは海外に負けていますね。

ところで、キャリブレーションファイルとしてARTAに読み込ませるには、どの様な操作をするのでしょうか。
Setup, Calibrate devices をクリックすれば自動的に読み込まれるのでしょうか。
それとも、Setup, FR compensation, road なのでしょうか。こちらのようですね。

時間が有る時で結構です。よろしくお願い致します。
2012/09/03 15:01  神戸の弥太っぺ  URL  #tHX44QXM  編集

Re: ARTA
神戸の弥太っぺ様

こんばんは。

Setup, FR compensation, roadです。

サウンドカードをループバック接続にしてFR1モードで周波数特性を見たとき、マイクの校正が有効になっていなければ真っ平らな特性になりますが、有効になっているとマイクの校正カーブを上下対称にしたような凹凸のある特性になります。

なお、校正データファイルの拡張子が.micになっていないとダメのようです。

ご参考になれば幸いです。

2012/09/03 21:30  Iridium17  URL  #-  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/219-b45b7ed0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)