FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
インシュレータは3点支持にしています。

さて肝心の音ですが、耐震ジェルを敷いていた時の低音の鈍さが消えて、シャキーンとした音に変わりました。ふっと音が現れてまたふっと消えるという、SEAS Excel2ウェイ独特の音離れの良さというか空間表現が印象的です。

やっぱり耐震ジェルの音はダメでした。前言撤回です。

フィギュアスケートの第2回世界国別対抗戦をテレビで観ていた妻も、ぐんと音が良くなったと言います。妻はインシュレータがどーのこーのといった事には全く興味がないので、彼女が下す音の評価はある意味でブラインドテストと同様の客観性があります。


インシュレータ


今回インシュレータをいじってみて分かったのは、インシュレータの役目はスピーカーの響きと設置面(うちの場合は御影石)の振動をうまく調和させることのようです。インシュレータひとつでかなり音が変化するのは事実ですが、その変化の仕方はおそらくケースバイケースで、高価なインシュレータが良い結果を生む期待値は非常に低いと思われます。

また、いくら高価なインシュレータを敷いたからといって、そのスピーカー本来の解像度を超える音が出るはずはありません。ペア5万円のスピーカーに10万円のインシュレータを投資しても15万円の音にはならないでしょう。

世の中にはずいぶん高価なインシュレータも数多く存在しますが、インシュレータにスピーカー本体の消費税を超えるような金額を投資するのはいかがなものかと思います。ちなみにうちの場合は、黒檀ブロックのお値段が262円×6個=1572円、それにコルクシートが少々。合計2000円ほどの投資でした。

それと、あいかわらず”クライオ処理インシュレータ”なるものが市販されているようです。やれやれ...



(この章おわり)

関連記事
スポンサーサイト




テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/193-e01fe1c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)