FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
ニアフィールドとポートレスポンスを合成した特性を吸音材の再調整前後で比較しました。

上が吸音材を再調整する前でソフテックシートをがっつり貼っていたときの特性、下はPARC AUDIOのウール吸音材をエンクロージャの天地にのみ貼った場合です。

特性だけを見ると下の再調整後のグラフのほうが乱れが大きく、何やってんねん?って感じですが、鳴りっぷりはこちらの方が良いのです。

吸音材の最適化はなかなか面倒なものだということが分かりました。


merged response吸音材あり・なし



これ以上いじる余地もなさそうだし、音も良くなったので、バスレフポートの再調整はとりあえず作業終了とします。



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト




コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/179-106edccf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)