FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
全く吸音材がない状態では特性上は定在波の影響が出てしまうので、別の少し吸音材を入れてみることにしました。採用したのはPARC AUDIOのウール吸音材です。何故かヨドバシで購入できました。

ご婦人の膝掛けにも使えそうな風合いです。厚さは10mm弱といったところです。

PARC AUDIOの吸音材1


細くて長い繊維が絡み合った構造をしています。

PARC AUDIOの吸音材2


ニアフィールドを測定してみた結果がこれ。黒が吸音材無し、赤がエンクロージャの天地にのみ貼り付けた場合、ピンクが左右側壁にも貼り付けた場合です。

吸音材の量の比較


ほとんどど変化無しです。

元々定在波が立っているといっても音質上で気になる点は無かったのですが、吸音材を左右にまで貼るとウール吸音材といえども音の開放感が失われるような印象があったので、現在は天地のみ残してあります。



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト




コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/178-a8d581e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)