FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
ここまではミッドバスのローパスフィルターに4次のフィルター回路を使った例でしたが、今度はW15CY001のピーク対策としてノッチフィルターを使った例です。ミッドバスの減衰特性は悪くないのに、なぜかreverse nullが出なかったバージョンです。

案の定、ミッドバスとツィータの180度ポイントが合っていませんが、ツィータはさておき、ミッドバスの180度ポイントもずれています。減衰特性はけっこう合っているのに何故でしょうか。


notch_no_offset


ツィータを逆相接続したときの特性がこれ。全然ダメですね。


notch_no_offset_reverse


W15CY001を使った海外の作例ではノッチフィルターを使った例が圧倒的に多いのですが、私にはうまく設計できませんでした。まあ、ノッチフィルターは素子定数のバラツキにも敏感だし、ピークを越えた後のリバウンドがあるし、周波数とともに単調減衰してくれる4次フィルター回路のほうが素直でいい、というのが私の結論です。

結論が出たところでクロスオーバーネットワークの位相の研究はおしまいにして、またエンクロージャの仕上げに戻ります。


(つづく)

関連記事
スポンサーサイト




テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://iridium17.blog96.fc2.com/tb.php/107-b3cea7a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)