FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  オーディオ
tags : 
この一連の記事で言いたかったことは、こういうことです。

社会人になって間もない頃、会社の先輩から言われた言葉がいまだに忘れられません。

 「新しいことを始めるときには、まず先人の業績を勉ぶのが鉄則じゃ!」

オーディオに限らず、個人が「独自研究」を披露する場面を目にすることがあります。もちろん独自研究自体は素晴らしいことです。独自研究がなければノーベル賞を受賞するような優れた研究も生まれません。

ただし独自研究を行うに際しては「まず先人の業績を学ぶこと」を決して怠ってはいけないのです。この鉄則を守らないと、研究者として不幸な結果を見ることになります。

ということで、先人の業績をひとつ挙げておきます。故Linkwitz氏の42年前の論文です。

S. H. Linkwitz, "Passive Crossover Networks for Noncoincident Drivers"
J. Audio Eng. Soc., Vol. 26 No. 3 pp. 149-150 (March 1978)


***

毒舌ついでにもうひとつ。

雑誌のライターや評論家を無闇に「先生」と呼ぶ風潮が私は好きではありません。

 【ライター・評論家】 - 【出版社】 - 【読者】

という構造において、一番偉いのは誰か?

それは【読者】に決まってます。

だって、”お客様は神様です”って言うでしょう?



(この章おわり)


関連記事

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用