FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  オーディオ
tags : 
いわゆる「スピーカーユニットの周波数特性」には2つの種類があります。

Acoustic slope:スピーカーユニットから放射される音圧の周波数特性
Electrical slope:スピーカーユニットの端子に加わる電圧の周波数特性


我々が音楽を聴く上でどちらが重要か、言うまでもないでしょう。

言っておきますが、Acoustic slopeとかElectrical slopeといった概念は私が独自に考え出したものではなく、広く世界(日本以外)で知られている概念です。ググってみれば分かります。

Acoustic_slop360
「自作スピーカー 測定・Xover設計表マスターブック」より引用

Electrical slopeとはフィルターの伝達関数そのものです。ただし、アナログチャンデバの場合は問題ないのですが、クロスオーバーネットワークの場合はフィルターの負荷となるユニットのインピーダンス特性が単純な抵抗ではない点に注意を要します。

8Ωとか4Ωといったユニットの公称インピーダンスからフィルター定数を計算する「ネットワーク計算式」を使うのは最悪です。この方式に従うと、ALTEC 416-8Bも、Scan-Speak 18W8531G00も、Fostex FE83NVも、みーんな同じフィルター回路でオッケー!というトンデモナイ結論が導かれるのです。

MJの安井章氏の一連の記事はこの点に焦点を当て、インピーダンス特性を等価回路で表現することにより、より正確に伝達関数を求めるというアプローチだと私は理解しています。ただ、Speaker WorkshopやVituixCAD、LspCAD、SoundEasyといったスピーカー統合設計ソフトウェアはすべてユニットのインピーダンスカーブ(実測値)をZMAファイルとして読み込んで伝達関数を計算していますので、特に新しい考え方というわけではないと思います。

いずれにせよ、雑誌の記事にしろ、ウェブ上の情報にしろ、ユニットの周波数特性/位相特性に言及していない記事は、インピーダンス特性(殆どの場合は公称インピーダンス)から求めたElectrical slopeでクロスオーバーネットワークの特性を論じていると思われます。

実は、いまだにこういった議論に終始しているのは世界でも日本ぐらいで、私の手元にあるLoudspeaker Design Cookbook 5th edition(1995)では、既に全面的にAcoustic slopeにもとづくネットワーク設計に移行しています。



(つづく)



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用