FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  Scan-Speak Illuminator Project
tags : 
こちらがツィータの測定結果。なんだか凸凹が大きいです。4.5kHzと9kHzの落ち込みと7kHzのピークが気になります。

フェルトなし


実はツィータの取り付けにアイソレーションマウントを採用している都合上、フランジがバッフルに直接接触しないように周辺に1mmのクリアランスを設けています。当初、そのままで測定したのですが、ひょっとしてまさか...と思い、手芸屋さんで買ってきた粘着つき1mmフェルトで隙間を埋めると...

フェルト


はい、このとおり。凹凸が解消されました。

フェルトあり


怖いですねー。どうもツィータの周波数特性はフランジ近傍の不整にはかなり敏感なようです。みなさん、ツィータはバッフルにちゃんとフラッシュマウントして使いましょう。欧米のツィーターのフランジがすべて円形なのには理由があるのですね。

ところで日本を代表するメーカーにはこんなユニットがあります。これって、どうやって使えというのでしょう?



(つづく)



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用