FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  Scan-Speak Illuminator Project
tags : 
これまでバスレフ型エンクロージャーの設計にはWinISDを使ってきましたが、Scan-Speakが出しているスプレッドシートがなかなか使いやすいので、最近はもっぱらこちらを使っています。特にGroup delayとそのaudible limitが表示されるのは便利です。

さて、Scan-Speak 18W8531G00というウーファーはfsが30Hz前後と低く、またQtsがさほど小さくないので、56Lぐらいのエンクロージャーを与えてポートチューニング周波数を28Hzに設定すると、30Hzまでほぼフラットな特性が得られます。

これはすごい!

56L


ただし、その代償としてGroup delayは芳しくなく、20~30Hzのあたりでaudible limitを超えています。20~30HzのGroup delayって何なのよ?という気もしますが、海外の自作サイトではこういったアホみたいに低域を伸ばした作例を見かけないので、やはり好ましい設計ではないのでしょう。

56L_GD


こちらはGroup delayがaudible limitを超えないように意識した設計です。

40L

40L_GD


もうひとつ、エンクロージャー容積を決める上で考えないといけないのがルームゲインの問題です。



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用