FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  マスターブック
tags : 
マスターブックVol.2の中でバスレフ動作について考えるうち、ドライバとポートの位相関係が実際にどうなっているのか知りたくなって測定してみました。

ネットワーク無しのウーファーの特性を測定したかったので、ネットワーク内蔵のScan speakではなく外付けのSEASのウーファーを測定しました。測定はARTAのDual channel modeで行いましたので、スピーカーの入力信号を基準とした音圧および位相特性になります。

まずこちらがドライバーの音圧特性。ディップのところがいわゆるバスレフのチューニング周波数です。

Driver_response1

こちらがポートの音圧特性。三角山の形をしています。

Port_response1


ドライバーレスポンスのチューニング周波数付近の拡大。

Driver_response2


このときのドライバーの位相特性。チューニング周波数のあたりで急変しています。

Driver_Phase



こちらがポートの位相特性。こちらは緩やかに変化しています。

Port_Phase


これではよく分からないので、ポートとドライバーの位相差を計算してみたのがこちら。チューニング周波数を境として位相が180度変化しているのが分かります。ちゃんと位相反転しているわけですね。おもしろいことに、チューニング周波数の所ではドライバーとポートの位相差は180度ではなく90度になっています。

Port_Driver_Phase


当たり前といえば当たり前のデータなのですが、こういった実測データはよそで見たことがなかったのでアップしてみました。



(つづく)



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用