FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  マスターブック
tags : 
5月27日(土)に恒例のPARCサウンド鑑賞会が開催されます。

鑑賞会2017LOGO


私は昨年まで同じスピーカーの改良を続けながら3年連続の出場でしたが、このへんで一区切りということで今年は不参加の予定でした。だって、新幹線代も高いですしね。

ただ、今年はマスターブックも出したことだし、おそらく日本で一番ハイレベルな自作スピーカーのイベントであるPARCサウンド鑑賞会に集まる方々に本の紹介をしたいなと思って主催者(有志の方々)に打診したところ、快諾していただけました。さらに、本の紹介だけなくて何か出し物をやりなさい、という話になって、それじゃあ...ということに。

出し物とは、マスターブックのメインテーマの一つであるSpeaker Workshopを使ったネットワークシミュレーションのライブデモです。この”ライブデモ”というところがミソで、パワーポイントによるプレゼン形式ではなくSpeaker Workshopの画面をプロジェクターで投影しながら、皆さんの目の前でクロスオーバーネットワークを作るところを見てもらおうという趣向です。いわば『NHK きょうの料理』みたいなものですな。

題材は昨年の鑑賞会で発表したDCU-131A+DCU-T115Sの2ウェイ(三度目の正直バージョン)のネットワークです。24dB/octのLinkwitz-Riley型スロープを持ち、リスニングポイントに近いツィータの軸上2mでReverse nullが出るというワタクシの自信作であります。

もちろん演奏もしますので、ネットワーク回路と特性、それと出音のイメージを一度に体験できるというわけです。成功すれば間違いなくオーディオ界で空前絶後・前代未聞のデモになると思いますが、果たしてすべらずにうまく出来るでしょうか?


鑑賞会2017_480


ちなみにマスターブックも会場でお買い求めいただけます。



(つづく)



関連記事