FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  オーディオ
tags : 
今回の416-8AのオーナーとなったKさんはマルチスリット型のいわゆるオンケン型エンクロージャを使用されていたそうです。私も最近、別の場所でオンケン型を聞く機会がありましたが、正直言ってあまり良い印象がありません。

まあ私の主観はさておき、一般的には

 ポートを絞る → 低音のダンピングが良くなる → 切れの良い低音が得られる

という期待が込められているようですが、これを裏付けるデータや理論にはお目にかかったことがありません。

一方、Loudspeaker Design Cookbookによればポートの空気抵抗が増えるとウーファーの非線形性が大きくなるとされており、また私自身の経験でも細長いポートは気柱共鳴が出やすく、良いことは何もありません。そんなわけで今回はどーんとシンプルに太くて短い角形ダクト一発にしたのですが、結果は会心の低域再生が達成できたと思います。


さて、今年の拙作ブログは低空飛行を続けることが多かったのですが、それでも多くの方々に見に来ていただき、感謝に堪えません。来年は『冬うさぎのうさぎ小屋プロジェクト』に加えていくつか新しいプロジェクトを予定していますので、またちょいちょい見に来ていただければ幸いです。


最後に、この言葉で今年のオーディオライフを締めくくりたいと思います。

 コンセプトより、理論を語るべし。



(この章おわり)




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用