FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  オーディオ
tags : 
『自作真空管アンプでレコードを聴く会 IN 小野』の本番は無事終わりましたが、いくつか気になる点もあったので、クロスオーバーネットワークに改善の余地がないか検討してみました。

実は、今回のMantaray Hornシステムはかなり無理をしているところがあります。

こちらが組み上がったシステムのインパルス応答。まず直接波の大きなピークがあり、そのあと数ms遅れて小さな反射波のピークが現れるという、ふだん見慣れた波形とはずいぶん違います。特に14~15msに出現するピークの正体が分からず、危うくパニックになりそうでした。

Impluse


実はこのピークの正体はミッドの直接波で、最初の13ms付近のウーファーの直接波から約1.8ms遅れてマイクに到達しています。1.8msを距離に直すと61.2cm、これがウーファーとミッドのAcoustic centerの前後方向のオフセットで、概ねホーンの奥行き寸法に相当します。

Impluse2


これだけ大きなオフセットがあると、もはや正攻法でクロスさせるのは不可能です。事実、WF、MID、TWをすべて正相接続するとこんな周波数特性になってしまいます。

Original_Mid_Normal


そこで、ミッドとツィータを逆相接続して、うまく誤魔化したのがこちら。今回のネットワークです。設計上はミッドの軸上2mでフラットな周波数特性が得られていますが、それ以外の距離や位置でどうなるかは保証の限りではありません。

Original


では、構造的に可能かどうかは別として、正攻法でウーファーとミッドのAcoustic centerを合わせたらどうなるでしょうか?

Speaker workshopにはドライバの位置をオフセットさせる機能があります。それを使ってミッドを61cm前に出してみた結果がこちら。ミッドとツィータは正相接続ですが、ディップがなくなり概ねスムーズに繋がっています。

Original_Mid_Normal_Offset+61cm


これをベースにして最適化したのがこちら。なかなか良い感じです。

Offset+61cm_1


問題はどうやってホーンを61cm前進させるかですな。



(つづく、かも...)



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用