FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  DAC Project
tags : 
I-V変換トランスの狭い隙間に差動バッファを組み込みました。後段にはPGA2320の電子ボリュームが入るのですが、データシートによれば低インピーダンス(<600Ω)でドライブしないと歪みが増加するそうなので、急遽バッファアンプを組み込んだ次第。オペアンプはとりあえずOPA2604を買ってあります。また、思うところがあって3倍のゲインを持たせています。

トランスとバッファアンプ


オペアンプを使った差動アンプなので帰還抵抗のばらつきがCMRRの低下につながります。抵抗にはDALEのCMF-55を使いましたが、さらにDMMで選別して相対誤差1Ω以内のペアを使いました。ちなみに2.2kΩを10本測定して最高が2.201kΩ、最低が2.195kΩでした。

DALE選別


まだリアパネルの加工が残っていますが、基板をケースに取りつけてみたところ。

ケースに取りつけ


DAC Projectは超スローペースで続きます。



(つづく)



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用