FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  DAC Project
tags : 
今回製作したローノイズ電源基板にはPCM1794Aのアナログ電源を供給する5VとCS8416のPLLに供給する3.3Vの2つの出力があり、さらに別基板でロジック用にNJM7805による5VとTA48033Sによる3.3Vも作ってありますので、一通りノイズレベルを測定してみました。なお測定時にはいずれも100Ωのダミーロードを繋ぎ、5V系の負荷電流は50mA、3.3V系は33mAとしました。

まずはNJM7805のノイズ測定結果から。-51.4dBは26.9uV(RMS)に相当し、ノイズ密度は123nV/√Hzとなりました。ちなみにデータシートの値は45uV(10~100kHz)ですのでノイズ密度に換算すると142nV/√Hzとなり、だいたい合っています。

7805_noise


次は3.3VのLDOレギュレータTA48033Sのノイズ測定結果。-41.4dBは85.1uV(RMS)に相当し、ノイズ密度は388nV/√Hzとなりました。データシートの値は115uV(10~100kHz)ですのでノイズ密度に換算すると364nV/√Hzとなり、こちらもだいたい合っています。LDOレギュレータはドロップアウト電圧が低いというメリットはあるものの、ノイズやリップル除去率といった面では従来型よりも劣る傾向があるようです。

TA48033S_noise


次はいよいよ自作のレギュレータの番です。



(つづく)



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用