FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  オーディオ
tags : 
ウーファーとミッドを繋げてみました。

あらら、クロスポイントあたりにディップが出来ていますね。

WF_MID_Normal


試しにミッドを逆相にしてみます。Acoustic slopeを4次のLinkwitz-Rileyに設定しているので理論的には同相でフラット、逆相ではディップができるはずですが...

こちらのほうがマシです。では、こちらでいきましょう。

WF_MID_Reverse


SEASやPARCを製作していた時には位相合わせに血道を上げていたことを思えばずいぶんイージーな結論ですが、そもそも今回はウーファーとミッドの時間差が1.8ms、前後の距離に直すと60cmもあるシステムなので、デジタルディレイでも使わない限りクロスポイントでの位相合わせは不可能なのです。周波数特性をある程度フラットに追い込むことが出来れば御の字と考えなければいけません。

WF_PIR

MID_PIR


フラットネスが良くなるように定数を調整...

WF_MID_Reverse2


ミッドのレベルを2dB下げてみました。

WF_MID_Reverse3


ミッドのレベルは最終的には聴感での調整が必要でしょう。



(つづく)



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用