FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  DAC Project
tags : 
半導体と違って、トランスの周波数特性は信号源抵抗や負荷抵抗の影響を受けて変化します。そこで信号源抵抗や負荷抵抗を変えたときの周波数特性を測定してみました。

Firewire410は96kHzサンプリングが最高で、アナログオーディオの周波数特性も20~40kHz±1dBというスペックですのでLL1538の周波数特性を測定するには明らかに役不足ですが、とりあえず参考程度ということで測定してみました。

こちらはR1が220Ω、R2が10kΩという条件です。20kHzから上の領域でやんわりロールオフしているようです。

220_10k


このデータが正確なら悪くない特性ですね。



(つづく)




関連記事
スポンサーサイト