FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  DAC Project
tags : 
結局どうなの?ということで、試した4つの条件を重ね描きしてみました。

1kHzについてはコアが飽和しない範囲ではすべてのグラフが重なっています。つまり信号源抵抗、負荷抵抗のいずれを変えても出力電圧が決まればひずみ率が決まってしまうようです。

一方、50Hzでは同じ出力電圧でも信号源抵抗あるいは負荷抵抗を低くした条件の方がひずみ率が多少低くなることが分かりました。

抵抗まとめ


Lundahl LL1538の測定はまだまだ続きます。



(つづく)



関連記事